Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘高層建築’

さて、1923年の関東大震災において、被災者が自力で被災地にバラックー仮設建築物を建設したこと、そして、それが生活者としての被災者それぞれにとっての復興の開始であったことを述べてきた。当時の政府は、バラック建設を容認しただけではなく、用材供給という形で支援していたといえる。そして、帝都復興区画整理事業でも、減歩による道路・公共用地の確保という全体的な方針は維持しつつも、被災者が地域で再び生活することを考慮していたことを指摘した。

当時のバラックの景況について、震災・戦災について展示している東京都復興記念館が写真を展示している。ここであげておこう。実際に焼け跡のかなりの部分がバラックで埋め尽くされていたことがわかる。

震災直後のバラック(東京都復興記念館にて展示。2011年9月17日撮影)

震災直後のバラック(東京都復興記念館にて展示。2011年9月17日撮影)

1924年1月に、本建築建設も許可されるようになった。また、それ以降は、バラック建設も地方長官の許可制となった。しかし、区画整理が遅延しており、区画整理前に現実に本建築建設が認められることはきわめて少なかったと、田中傑の『帝都復興と生活空間』(2006年、東京大学出版会)は語っている。

結局、バラック建設に頼らざるを得なかった。バラック建設の着手は、1924年2月に延長された。さらに1924年8月には、区画整理の換地処分決定までバラック建設ができるようになった。そして、撤去期限も通常1933年8月となった。

そして、バラック自体も掘建小屋以上のものが建てられるようになった。そういう状況において、1925年1月に政府は「本建築以外ノ工作物築造物願処理方針」をだし、よりバラックについての規制を強めた。そこでは、換地処分が決まっている場合は換地予定地以外にはバラック建設は認めない、換地が決まっていない場合においては、煉瓦造、石造、鉄骨造、RC造以外で、建坪合計50坪以下もしくは建築延坪当たり平均単価120円を超えないという制限がかけられた。基本的に、換地処分以前においては、簡易に除去・移転できる構造で、建築費用も安価なものがバラックとして建築が認められたのである。

結果的に、バラックは約23万戸建設された。区画整理の障害になったそれらのバラックはどうなったのだろうか。撤去されてしまったのであろうか。撤去されたものもあるのだが…大半はそうではなかった。

大半のバラックは、区画整理による換地先に移転されたのである。これは、かなり大がかりなものであった。まず、軍の偵察機を借りて、復興事業を担当する復興局は、詳細な航空写真をとって、バラック移転計画を作成した。移転先も、また移転経路にもバラックが建設されていることが予想されるので、これは、大変な作業であった。そして、田中によると「多くの場合、バラックは部分的に除去して小さくした後、ジャッキアップし、轆を用いて換地先へ曳家された」(田中前掲書p165)としている。区画整理は、いずれにしても公共用地確保のために減歩するので、前の敷地において建設されたバラックは、小さくしないと移転できない。そこで、部分的にバラックを除去して小さくしてから、そのバラックを曳家して、移築するのである。

このような建物移転は、1927年から本格化し、最盛期の1928年8月には一日当たり500棟、合計1万5252坪の建物が移転したという。東京市では総計20万3485棟のバラックが移築された。戸と棟とは多少違いはあるが、まず大半のバラックは区画整理の換地先に移転されたのである。

バラック移築中、被災者は、国と東京市が用意した臨時収容家屋に住んだ。また、移転工事費・動産移転費・休業損失費など1坪当たり43円20銭が支給された。バラック建築費が120円以下と規定され、それに比べると被災者それぞれには家屋新築費にもならない金額であったが、移転したバラック建築面積が340万坪であり、総額では1億円かかった計算となった。当時の国家予算が約17億円弱であり、かなり大きな財政負担となったといえよう。

結局、区画整理事業で、街路は拡幅されたが、建てられた建築物の多くはバラックであったというのが、関東大震災の復興事業であったといえる。関東大震災は火災によって被害が拡大したのであるが、結局のところ、建物の不燃化率は、震災前よりも低下した。田中は「この間、建築物の不燃性能の点では、神田区、日本橋区、京橋区で1920年時点の棟数比で17~27%という水準から3~4%程度へと著しく低下した」(田中前掲書p116)と述べている。

バラックを改築して本建築にすることも進まなかった。そして、本建築といっても、木造建築物が多かったと思われる。次にあげるのは、現中央区築地に1930年に建設された商家である浜野家住宅である。

浜野家住宅(2011年1月15日撮影)

浜野家住宅(2011年1月15日撮影)

中央区のホームページでは、次のように紹介されている。

濱野家住宅
  区民有形文化財・建造物
  所在地:中央区築地七丁目10番8号
地図はこちら(電子マップ「ちゅうおうナビ」へ)

 濱野家は、海産物を扱う商家として、昭和5年現在地に建てられました。
 入口には、人見梁という背の高い梁がかけられ、軒は出桁造 という形式になっています。また、以前は、家に入ってすぐの場所が広い土間になっていて、鰹節 を入れた樽が山のように積まれていたといいます。
 濱野家住宅は東京の古い商家の造りを今に伝える貴重な建造物です。(内部非公開)
http://www.city.chuo.lg.jp/info/bunkazai/bunka002.html

つくりからみて、バラック建築とは思えない。本建築であろう。しかし、それでも、木造二階建てで、むしろ江戸的な家屋なのである。港区愛宕、中央区築地、中央区月島など、戦災をまぬがれた震災復興期の市街地は多少残っている(ただ、いまや再開発でほとんどが消滅していこうとしている)が、多くの建物は、銅版張りやモルタルで防火をしている建物はあるものの、それらを含めて、ほとんどが木造なのである。

このような震災復興のあり方は、防災上大きな課題を残した。ほとんどが木造家屋の町並みでは、空襲による戦災を免れえなかったのである。ある意味で、市街地の建築物のあり方は、バラックの移転などを認めるなど、被災者の生活を配慮したものであった。しかし、それは、将来の災害を防ぐという観点からは、問題をはらんでいた。それは、現在の津波被災地における、将来の防災のために住宅の高台移転を促進しようとする動きと、仮設店舗建設など早急に住民生活を再建させなくてはならないとする動きとの相克をある種先取りしていたとみることができる。

広告

Read Full Post »

第25地区換地位置決定図(『港区史』下巻)

第25地区換地位置決定図(『港区史』下巻)

天徳寺周辺の木造住宅(2011年1月4日撮影)

天徳寺周辺の木造住宅(2011年1月4日撮影)

森ビル設計部の清水昭夫は、「約18年前、周辺の借地人による個々の建て替えが成される事で、由緒ある寺院のたたずまいが隠れてしまうことを危惧した青松寺から森ビルが相談を受けたことが一体開発のきっかけである」(「新しい都市景観の創造―歴史と融合した愛宕グリーンヒルズ」 『都市計画』51-2)と述べている。そして「結果的には約70軒以上の権利者の敷地を統合し、青松寺、傳叟院、清岸院、日本放送協会(NHK)、光文社他3名と森ビルとの共同事業として進める事になった」としている。このことから、森ビル側としては、青松寺の主体性で事業が開始されたとしていること、そして、基本的に「借地人」側の主体性は排除されたことがわかる。
それでは、この「借地人」は、どのようにこの地域を使っていたのであろうか。1993年のゼンリンの住宅地図をみると、零細な住宅や、小規模のビルが立ち並んでいることがわかる。この地域の過去の景観についてはよくわからない。ただ、この地域は、関東大震災で壊滅的な被害を受けた。そして、その後、区画整理で基本的な街並みが形成されたと考えられる。この区画整理により、街路が新設・拡張された。例えば、愛宕グリーンヒルズの西側に隣接する天徳寺は、これも大きな寺院であったが、区画整理によって寺院境内地に街路が新設されている。そして、この区画整理が、近世では寺社地中心であったこの地域の性格を変えたといえる。昭和前期には、愛宕山にはトンネルが通されるとともに、零細な住宅や店舗が建設されたといえる。この時期以降も寺社が多いことは変わらないのだが、一般的な民衆の街となったといえる。その形跡は、戦災を免れたと思われる天徳寺周辺の木造住宅で瞥見することができるだろう。
もちろん、建て替えなどで、昭和前期に形成された景観は随分変わったであろう。しかし、区画整理で形成された街並みの骨組みは維持されていたと考えられる。これらの建築物は、零細で、耐火性・耐震性も問題があり、地価の割には商品価値も低かったであろう。しかし、この昭和前期の街並みは、民衆生活の息吹があったといえる。
愛宕グリーンヒルズの再開発事業にあたり、このような昭和前期の街並みに根付いていた民衆生活が排除され、一種良くも悪くも生活臭のない街並みに転化したといえる。そして、その結果生み出された都市景観が、一つには近未来性、もう一つには復元された歴史的伝統(ルネサンスというかフェイクというかは見解が分かれるであろうが)に依拠したものとなっているといえるのではないか。愛宕グリーンヒルズの景観にある「不思議さ」の原因は、通常、生活を通じて継受されていく「伝統性」と、生活の延長線上にある「未来性」ではなく、現状の生活を排除した時間軸の捉え方にあるのでなかろうかとも思うのである。

Read Full Post »

青松寺山門とフォレストタワー(2011年1月4日撮影)

青松寺山門とフォレストタワー(2011年1月4日撮影)


ここまで、愛宕山に広がる愛宕グリーンヒルズの景観について述べてきた。愛宕グリーンヒルズについては、いわば高賃貸料の取得をめざして、効率的に経営できる、超高層のオフィスビルとマンションを建設しようとする森ビル側の意向が働いているといえる。もちろん、森ビルとしては、職住接近の空間を形成するという実験場としての意味ももっているだろう。先行するアークヒルズや、この後に建設される六本木ヒルズなどと同様、愛宕グリーンヒルズも、その一つである。そして、このように、高層住宅が併設されているがゆえに、公開空地も商品価値を高める機能をはたしているといえる。
しかし、愛宕グリーンヒルズの景観については、森ビル側だけのベクトルが働いているわけではない。地権者である青松寺の意向がこの場に大きく作用しているといえる。まさに、歴史的伝統を回復するーその志向が貫いているといえる。青松寺については、近世そのままとはいえないものの、規模においては大寺院としての歴史的あり方を復興したといえる。そして、そのデザインとしては、たぶんに愛宕グリーンヒルズ全体の景観をデザインする森ビル側と交渉しながら、この景観を形作っていったといえる。その意味で、一部に参拝エレベーター・エスカレーターなどの近未来的な構造物を伴いながらも、全体としては青松寺は歴史的伝統のルネサンスを実現したといえる。
これは、例えば、近隣の寺がビル化していることと比べれば評価していいことかと思われる。その意味で、愛宕グリーンヒルズは、現代の寺院景観形成の一つの実験場であったともいえるのである。
といっても、この実験が、どのような問題をはらんでいるのだろうか。次に考えてみたい。

Read Full Post »

NHK放送博物館(2011年1月4日撮影)

NHK放送博物館(2011年1月4日撮影)

愛宕山エレベーターもしくは遊歩道をへて、愛宕山に登れば、そこは愛宕グリーンヒルズD地区である。ここにはNHK放送博物館が所在している。この場所は、NHKの発祥の地といえる。日本のラジオ放送は、1925年3月1日、芝浦所在の東京高等工芸学校に仮局を置いた東京放送局(JOAK)によって試験放送が開始された。同年7月12日には、この愛宕山の地に東京放送局は移転し、その地から本放送を開始した。この東京放送局が、現在の日本放送協会(NHK)の前身である。

この愛宕山の地からなぜラジオ放送が開始されたのか。それは、この地が東京の地で最も標高の高いところ(26m)であったからである。近世江戸において、愛宕山はその高さで有名な景勝地であったが、それが、ラジオ放送に役立ったのである。

『芝区誌』(1938年)によると「放送局の高いアンテナは愛宕山の一偉観である」としている。愛宕山+アンテナで、今日の東京タワーのような役割をはたしていたのである。しかし、『芝区誌』によると、すでに埼玉県内に別個の放送局アンテナがたてられており、すでに電波は愛宕山から発信されることはなかったようである。また、日本放送協会の新しい建物が麹町区内幸町に建築中であるとも記されている。1940年に日本放送協会は、内幸町のNHK東京放送会館に移転した。そして、さらにNHKは、1973年に現在の渋谷区に所在するNHK放送センターに移転することになった。

ただ、NHKは、その後もこの歴史のある愛宕山の放送局を手放さず、1956年に、NHK放送博物館を開館した。現在の建物は、1968年に新築されたものだが、四階建てでさして高いものではない。愛宕グリーンヒルズ事業は、NHK発祥の地である放送博物館の現況を保存して行われている。さらに、同居していたNHK放送文化研究所が愛宕MORIタワーに移ったため、全館を展示スペースとすることが可能となり、展示の拡充もされることになった。

このように、愛宕グリーンヒルズ事業は、それなりに歴史に配慮して行っていることを示しているものといえる。ただ、この場所も、全体の容積率緩和の一助となっているのであろう。

Read Full Post »

愛宕山エレベーター(2011年1月4日撮影)

愛宕山エレベーター(2011年1月4日撮影)

愛宕山エレベーター入口(2011年1月4日撮影)

愛宕山エレベーター入口(2011年1月4日撮影)

愛宕山に通ずる遊歩道(2011年1月31日撮影)

愛宕山に通ずる遊歩道(2011年1月31日撮影)

B地区には、愛宕山に登るエレベーターがあり、このエレベーターによって愛宕グリーンヒルズD地区につながっている。愛宕山は標高26mで、大分前に述べたように、近世江戸では随一の展望台であった。そして、そこに登る石段の急なことでも知られていた。前述したように石段は現存しているが、今は、出世の階段を上ることを切望して愛宕神社に参詣するビジネスマン以外は、その石段を登る必要はない。無料の愛宕山エレベーターに乗ればいいのだ。もちろん、多少微妙な気持ちはするのだが。

この愛宕山エレベーターは、愛宕トンネルの近くにあるのだが、かなり「近未来」な感じがする。清岸院に登るエスカレーター同様、歴史というよりも「未来」にそっている。それが、近世以来の景勝地愛宕山にあるので、ちょっとミスマッチな印象がある。汐留シオサイトみたいに、すべてが「未来志向」ならば、このデザインも周辺に溶け込めるのだが。

なお、歩いて登りたい方は、エレベーターわきに非常階段のような階段がある。また、青松寺から延々と続く遊歩道もある。ただ、この遊歩道、あまり明るい道ではない。傳叟院の墓地と、暗い照葉樹林にはさまれているので。愛宕グリーンヒルズの全容を知るにはいい道なのだが。

Read Full Post »

正面からみた傳叟院(2011年1月4日撮影)

正面からみた傳叟院(2011年1月4日撮影)

後からみた傳叟院(2011年1月31日撮影)

後からみた傳叟院(2011年1月31日撮影)

傳叟院墓地(2011年1月31日撮影)

傳叟院墓地(2011年1月31日撮影)

B地区には、傳叟院が所在している。この寺院は青松寺の子院で1646年に開山された。1887年の「東京五千分ノ一」図によると、青松寺の北側に清岸院とともにならんで所在していた。ただ、傳叟院が道側、清岸院が山側に所在していた。この両寺院とも関東大震災で焼失した。ゼンリンの1993年の地図によると、清岸院は現所在地の近くにあるが、傳叟院は現フォレストタワーの位置に所在していた。愛宕グリーンヒルズ再開発によって、傳叟院はより北側に移転した。ただ、その墓地は移転していない模様である。
改築された傳叟院は、三階建てで、後側からみるとかなり大きな建物のようである。ただ、北側の正面からみると、伝統的な本堂の形式をとっている。伝統的とは思えない清岸院と、伝統の復活をめざした青松寺の中間にある様式といえよう。その意味では、愛宕グリーンヒルズは、寺院の建築様式の実験場ともいえるのである。

Read Full Post »

「精進料理・醍醐」(2011年1月31日撮影)

「精進料理・醍醐」(2011年1月31日撮影)

フォレストタワーの二階には、「精進料理」の「醍醐」という店が所在している。この店は1950年創業で、1993年のゼンリンの地図にも表示されている。ただ、その時は、青松寺の門前により近い位置に所在しており、フォレストタワー建設時にその中に入ってきたのである。愛宕グリーンヒルズの開発にあたり、開発後も存続が確認できるあまり多くない例の一つといえる。それ以外は、光文社くらいであろうか。たぶん、青松寺で行われる法事などに精進料理を提供してきたと思われる。ホームページなどによると、「醍醐」には各部屋からみえる「庭園」がある。これも、愛宕グリーンヒルズ全体の容積率緩和に役立っているのだろう。その意味では、たくみに容積率緩和を利用しているといえる。

ただ、この精進料理、決して安くない。一番安いランチの「ミニ懐石」で1万円であり、最も高い「蘭懐石」で1万9千円である。フォレストタワーの賃貸料の高さと平行しているといえる。まさに、「セレブ」の場なのだ。

なお、moriタワーのレストランは、これほど高くない。ランチで1000円以上というところか。スターバックスもある。オフィスビルのほうが安いのだ。六本木ヒルズもそういう印象がある。

Read Full Post »

Older Posts »