Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘選挙’

安保法制に反対する運動をしてきた学生団体SEALDsの中心的メンバーである奥田愛基に、自身と家族に対する殺害予告が届き、奥田は警察に被害届を提出した。まず、朝日新聞の次のネット配信記事をみてほしい。

SEALDsの奥田さんに殺害予告届く 大学に書面
2015年9月28日20時02分

 安全保障関連法案への反対運動をしてきた学生団体「SEALDs(シールズ)」の中心メンバー、奥田愛基さん(23)が28日、自身と家族に対する殺害予告の書面が届いていたことをツイッターで明らかにした。奥田さんは、神奈川県警港北署に被害届を提出したという。

 奥田さんによると、「奥田愛基とその家族を殺害する」という趣旨の手書きの書面1枚が入った封書が24日、奥田さんが在籍する明治学院大に届いたという。同大広報課は「調査中」とし、詳細を明らかにしていない。

 奥田さんは、国会前などで学生が主催した抗議行動の中心メンバー。参院特別委員会が今月15日に開いた中央公聴会に公述人として出席し、「国会を9月末まで延ばし、国民の理解を得られなかったのだから、廃案にするしかない」などと述べていた。
http://www.asahi.com/articles/ASH9X67FVH9XUTIL06P.html

奥田個人も自身のツイッターで28日に報じている。

学校の方に、僕と家族に対する殺害予告が来ました。なんか、僕だけならまだしも、なんで家族に対してもそうなるのか…。何か意見を言うだけで、殺されたりするのは嫌なので、一応身の回りに用心して、学校行ったりしてます。被害届等、適切に対応してます。
https://twitter.com/aki21st?lang=ja

この奥田の発言に対し「ぺトリオットセイ」なる人物が次のようにかみついてきた。

表だって政治活動をするなら、それくらいの覚悟があって当たり前だろwwwやっぱりただのヘタレ学生集団だな。
しかもテレビにまで露出してるのに。そこまで想定して覚悟できてないんなら、デモもテレビ露出もするな。

まあ、「ぺトリオットセイ」なる人物の言い分は、「殺される覚悟」があるのが「当たり前」であり、なければ、デモやテレビなどでの意見表明などするなというのである。

さすがに、奥田も次のように反論した。

こういうマインドで殺害予告とか書いてるんだろうな。嫌だったら黙っとけって言いたいんだよね。嫌だし、黙らない。ごめん。そんな当たり前知らない。

その後も、ツイッター上で多くの人が「ぺトリオットセイ」に対する批判を続けた。しかし「ベトリオットセイ」は反論を続け、このように言い出した。

シールズかしらんがそもそも履き違えてるみたいだけど、そもそも間接民主制の一番の基本は選挙。殺害予告に対する覚悟とは、他人がそのせいで殺されたら自分のせいだし、十分ありうることだ事前に認識し、自分がそれで殺されても構わないと思うこと。

「ペトリオットセイ」は、間接民主制の基本は選挙なんだという。そういうことを履き違えているSEALDsについて、自他ともに殺害予告への覚悟があるべきだというのである。たぶん、ここには「自己責任論」があるのだろう。イレギュラーな形で意見表明することは「殺害」を惹起することにつながるのだから、殺されても文句を言うなということなのであろう。

もともと、安保法制に反対し安倍政権の退陣を求める意見を非暴力的に表明したSEALDsの一員への殺害予告について、覚悟がないなら発言するなというのはとんでもない意見である。それは「殺害予告」による「自由な言論」の封殺を是認する論理である。奥田のいうように「殺害予告者」に極めて近い姿勢といえる。

ただ、その上で考えてみたいのは、この「ペトリオットセイ」なる人物は、どのような「民主制」観をもっているのだろうかということである。「民主」ということは、それぞれの人民がそれぞれの意見を自由に表明するということが基本であり、「選挙」代表を要する「間接民主制」というのは、とりあえずの手段でしかない。人民が、いかなる立場であろうとも、自由に意見を主張するということが民主制の基本である。

そして、「選挙」というのも、人民の多様な意見を前提として、それらを組織化し、多数派を形成することから成り立っているだろう。政党とは、そのような人民の多様な意見を収束する核として成立してくるといえる。しかしながら、「選挙」とそれを前提とする政党は二次的な存在にすぎない。その前提に多様な人民の意見があり、そして、様々な形で自由に表明されている。デモやテレビでの露出は確かにその一つであるが、それだけにはとどまらない。新聞・雑誌・図書などの言論の場でも表明されるであろうし、経団連や業界団体さらには地方自治体などの「陳情」という形でも表明されている。そして、本来であれば、それらの多様な意見が政治に反映されていくといえる。

「ペトリオットセイ」の民主制とはなんだろうか。彼は、デモなどを通しての自由な意見表明はイレギュラーなものであり、「死を覚悟すべき」ものとした。そして、「間接民主制」の基本は「選挙」であるとした。奥田を含め、多くの人間が死を賭して意見表明などはできない。「ペトリオットセイ」の考え方を敷衍していくと、彼の考える「間接民主制」の主体は、選挙で選出される代表ーたぶん「命にかえても」などと絶叫していることだろうーであり、人民の自由な意見の表明など必要がないということになるだろう。人民の参政権は「選挙」だけに限定されるのである。日常的に自由な意見を表明し交換することができなければ、「選挙」というのも選出代表を「信任」する行為でしかない。このどこに「民主」があるのか。このどこに「自由」があるのだろうか。

そして、この「ペトリオットセイ」のツイッターにおけるプロフィールは、次のようになっている。

日本は自由主義国です。自由を愛するそこの君、貴方の自由を保障する日本国を守りましょう。そして、国民の自由を保障する日本への脅威となる国を見逃してはいけません。 政治は歴史に謙虚でなければならない。 ならば政治が学ばなければならないことは「ナチスの膨張を見過ごした英仏、とりわけフランスに成るな。」ということだ。
https://twitter.com/kenshiro1229912?lang=ja

自由な言論の場を認めない者が「自由を保障する日本国」を守りましょうと呼びかけている。ここに、現代日本の大いなる逆説があるのである。

広告

Read Full Post »

2012年12月16日、衆議院選挙と東京都知事選挙が行われ、開票結果が出た。衆議院選挙の結果は、次のように報道されている。

自民大勝294・民主57・維新54…議席確定

 16日投開票の第46回衆院選は、17日午前までに全ての議席が確定した。
 自民党は294議席で、郵政民営化を争点に圧勝した2005年衆院選(296)には及ばなかったものの、現憲法下の衆院選で過去4番目となる大量の議席を獲得した。
 公明党は31議席で、候補を立てた9小選挙区で全勝。自公両党は計325議席となり、衆院で法案の再可決が可能となる3分の2の議席(320)を上回った。
 民主党は、公示前の約4分の1に落ち込む57議席の惨敗。1998年4月の結党時の議席(93)も下回った。
 「第3極」の政党では、国政選挙初挑戦となった日本維新の会が54議席を得て、衆院で単独で内閣不信任決議案、予算関連法案をそれぞれ提出できる議席(51)を超えた。
 みんなの党は、公示前から倍増となる18議席だった。日本未来の党は公示前の7分の1の9議席となる大敗を喫した。
 共産党、社民党、国民新党、新党大地は公示前の議席を下回った。新党日本、新党改革は議席を獲得できなかった。
 投票率は、59・32%(小選挙区)となり、戦後最低となった。
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news/20121217-OYT1T00510.htm
(2012年12月17日11時14分 読売新聞)

小選挙区制を前提に自民党・公明党が支持以上に勝利をおさめることは予想できた。それは、民主党が、原発再稼働、消費税増税など、支持者はおろか議員すら納得できない政策転換をして自民党的政策を押し進め、自壊したことに起因するといえる。しかし、小選挙区制の壁にはばまれ、日本維新の会や日本未来の党、日本共産党や社会民主党は、民主党への批判票をまとめきれず、その票は小選挙区においては自公にむかってしまった。さらに、民主党が「自民党」的になる一方で、日本維新の会など党外の極右ナショナリストの挑発もあり、差異化をはかって自民党がより「極右ナショナリスト」的な主張をはじめることも了解できる。

しかし、もっとも奇異に思ったのは、猪瀬直樹都知事候補が、約433万票(約67.34%)という都知事選史上最高の票を獲得したことであった。次の時事通信のネット配信記事を読むように、これは、1971年の美濃部亮吉が獲得した得票数を大きく上回る。そして、次点の宇都宮けんじ候補は約96万票、15.04%しか獲得できなかった。

都知事選、猪瀬氏が圧勝=434万票で過去最多得票-13年半ぶりに新たな首都の顔

猪瀬直樹氏
 石原慎太郎氏の辞職に伴う東京都知事選が16日投開票され、無所属で前都副知事の猪瀬直樹氏(66)=公明、維新支持=が、前日弁連会長の宇都宮健児氏(66)=未来、共産、社民支持=、前神奈川県知事の松沢成文氏(54)、元科学技術担当相の笹川堯氏(77)ら無所属、諸派の8新人を退け、初当選を果たした。約13年半に及んだ「石原都政」の継承か転換かが最大の焦点だったが、石原氏の後継指名を受けた猪瀬氏が強さを発揮し、他の候補に大差をつけた。
 猪瀬氏の得票数は433万8936票に達し、1971年の美濃部亮吉氏の361万5299票を上回り、過去最多となった。他の地方選や国政選挙を含めても個人としての得票では過去最多とみられる。
 投票率は62.60%で、前回(57.80%)を上回った。
 猪瀬氏は、副知事として石原氏を5年5カ月支えた実績を強調。政策面でも、2020年夏季五輪招致や羽田空港国際化の推進など都政の継続を訴えた。自民党の支援も受けたほか、作家としての知名度の高さを生かし、幅広い層の支持を得た。
 一方、石原都政からの転換を目指した宇都宮氏は、東京電力福島第1原発事故を受けて「脱原発」を旗印に掲げたものの及ばなかった。松沢氏は経営再建中の新銀行東京の清算、笹川氏は高齢者福祉の充実などを主張したが、いずれも浸透しなかった。
 発明家の中松義郎氏(84)、元ネパール大使の吉田重信氏(76)、ミュージシャンのトクマ氏(46)、政治団体代表のマック赤坂氏(64)、会社社長の五十嵐政一氏(81)も支持が広がらなかった。 
◇東京都知事選当選者略歴
 猪瀬 直樹(いのせ・なおき)信州大人文学部卒。作家として、1987年に「ミカドの肖像」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。政府の道路関係4公団民営化推進委員会委員、地方分権改革推進委員会委員などを歴任。2007年6月から東京都副知事。66歳。長野県出身。当選1回。

◇東京都知事選開票結果
当 4,338,936 猪瀬 直樹 無新
    968,960 宇都宮健児 無新
    621,278 松沢 成文 無新
    179,180 笹川  堯 諸新
    129,406 中松 義郎 無新
     81,885 吉田 重信 無新
     47,829 トクマ   諸新
     38,855 マック赤坂 諸新
     36,114 五十嵐政一 無新
               =確定得票=

(2012/12/17-08:10)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012121600512

なぜ、こうなったのだろうか。朝日新聞のネット配信に掲載された、衆議院議員選挙東京比例区において各党が獲得した得票率を次にしめしておこう。

民主党           15.42%
自由民主党         24.87%
日本未来の党         6.86%
公明党           10.14%
日本維新の会        19.86%
日本共産党          7.41%
みんなの党         11.67%
社会民主党          2.09%
新党改革           1.43%
幸福実現党          0.25%
http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo46/kouho/B05.htmlより

猪瀬都知事候補を支持していたのは、自民党、公明党、日本維新の会、民主党の基盤である連合東京である。まず、自公維だけの得票率を合算すると、54.87%になる。また、連合東京の働きかけで、民主党に投票した人(15.42%)の約半分が猪瀬に投票していたとすれば、約62%になる。まして、日本維新の会にスタンスの近いみんなの党(11.67%)が全員支持したとすれば、むしろ67%よりも超えてしまうのである。

一方、宇都宮けんじ候補を支持していたのは、日本共産党、社会民主党、日本未来の党である。これらの党の得票率を合算すると16.36%である。もともと、基礎票でこれほど差があるのである。

そのうち、最も帰趨をわけたのは、日本維新の会の獲得した19.86%の票であったといえる。固定した選挙基盤のない日本維新の会にとって、これらの票の多くは浮動票であったと考えられる。これらが、すべて宇都宮陣営に流れ込んだとしたら、36.22%の票となった。自民党と公明党だけならば35.01%となるので、むしろ宇都宮陣営が有利となった。みんなの党もたぶん多くは浮動票頼みと思われるので、このような浮動票が「日本維新の会」や「みんなの党」に流れ込んだことが、猪瀬都知事候補の大勝に結びついたといえる。

その意味で、日本維新の会がとりあえず結党されたこと、そして、衆議院議員選挙と平行して都知事選が行われたこと、さらに日本維新の会代表石原慎太郎の都政を猪瀬直樹候補が継承することを標榜したことは、猪瀬直樹都知事候補の大勝に結果したといえるのである。

Read Full Post »

東京都知事選と衆議院議員選挙の選挙期間中となった、2012年12月7日も、首相官邸前行動は続けられていた。

さすがに、脱原発派の候補が、都知事選においても衆院選でも立候補している状況であり、コールでも「国会変えよう」「官邸変えよう」という選挙関連のものが目立つようになった。都知事選候補者も、この抗議の場においてスピーチしていた。

その中で、ここで紹介したいのが、次のエピソードである。

12月7日の抗議行動の終りの方、私は、国会前交差点付近で行っているドラム隊のところにいた。ここでも、選挙関連のコールが目立っていたが、最後は、いつも通り、ドラムのリズムにあわせて「再稼働反対」と皆で声をあわせ、盛り上がっていた。

そして、20時になり、ドラム隊のパフォーマンスが終わった時、思いがけないことがおきた。ドラム隊でドラムを叩いていた女性が、「候補者」として紹介され、ドラムを置き、「候補者」のたすきをかけて、スピーチを始めたのである。そのスピーチを下記に掲載しておく。

みなさん、きょうもお疲れさまです。

こういうたすきをかけております。

いろいろな脱原発活動を通して、官邸前、何回も何回もきて、

署名では変わらない、デモじゃ変わらない、ずっといわれていました。

変わりました。

私の姿はデモから生まれた姿。

全国、世界で、本当に脱原発を望んでいるみなさんの熱い思い、ひとつひとつの行動が、

私を、今、ここに立たせています。

デモから変わる、デモから変わる。

デモから変える、デモから変える。

この、今、私たちの手で、社会は変わっている。

新しい 進化が生まれている。

デモって、ものすごい力なんだなって、

すごい思ってます。

ここまで続けてきてくれて、本当にありがとうございます。

たくさんの人たちが、この場に交流できる。

その場を作ってくれて、

本当にありがとうございます。

だから、もっともっと、みんなで、

新しい人たちを作っていく姿を送り出していく。

ここから、デモから、やっていきましょう。

ありがとうございます。どうもありがとうございます。

http://ameblo.jp/the-river/day-20121209.htmlより

*私もスピーチをその場で聞いていたのだが、その場で記憶できず、上記ブログにアップされた動画から聞き取った。本来はスピーチした人の名前を出すべきだが、公職選挙法のある解釈では「選挙行動」とみなされる可能性があるので、ここでは不本意ながら氏名掲載を差し控えさせてもらった。

「デモから変わる、デモから変える」…。この言葉は、このスピーチの核心であるとともに、この日の官邸前抗議行動に来ていた多くの人たちが共有していた思いだったといえる。立候補した彼女の、たすきをかけた姿。その姿は「デモから生まれた姿」なのである。デモに象徴される脱原発への熱い思い、そしてそれぞれの行動が、「選挙への主体的参加」ということを生み出していっている。これこそが、「この、今、私たちの手で、社会は変わっている」ということなのだ。

このような思いがあって、初めて「選挙」というものが意味をもつ。いわば、「選挙」も手段の一つなのだ。人びとが実現したい思いがあって、はじめて選挙は「民意」を「代表」することが可能になるといえる。

これは、今や「日本維新の会」を組織している橋下徹とは全く相反している考え方である。朝日新聞2012年2月12日付朝刊に掲載された「インタビュー・覚悟を求める政治」において、橋下は、「有権者が選んで人間に決定権を与える。それが選挙だと思います…選挙では国民に大きな方向性を示して訴える。ある種の白紙委任なんですよ」と語っている。それは、たぶん、自民党や民主党、そして朝日新聞のようなマスコミが暗黙のうちに共有している前提なのだと思う。彼らにとって、「選挙民」が「主権者」であるのは、投票箱に投票する、その一瞬でしかない。その他の時間は、「白紙委任」されたと称して、権力を私物化し、選挙民が全く望まない政策を進める。消費増税やオスプレイ配備など、その一例にすぎない。

人びとが主体的に思いを表明し、社会を変えていく決意を示すことーそれがデモなのである。それを実現していく一つの手段として、選挙に参加する。「デモ」がなければ、「選挙」に主体的に関わろうという意識は、私にだってもち得なかったであろう。「今、ここにある危機」としての原発への恐怖は、人びとの思いを揺り動かし、デモへと結集している。そして、それが、選挙というもの、政治というものを、真に人びとのものとしてとらえかえす営為へとつながっていこうとしているのである。

まさに「デモから変わる、デモから変える、今、私たちの手で、社会は変わっている。」なのである。これが、この選挙におけるテーマであり、その後もテーマであり続けるであろう。

Read Full Post »

国会前スピーチエリアの演壇

国会前スピーチエリアの演壇

昨日(2012年11月30日)、恒例となっている金曜日の官邸前抗議行動にいってみた。官邸前といっているが、実際には官邸前だけでなく、国会前(スピーチエリアとファミリーエリア)でも行われており、後述するように、経産省前テントひろばの他、昨日は文部科学省前でも行っている。大体の地理関係を承知してもらうため、下記に地図を示しておく。

その日は、東京メトロ有楽町線桜田門駅から向かった。桜田門駅から国会前道路に出ることができる。地上に出たのは18時で、すでに、「原発いらない」などのコールが聞こえていた。国会に向かって左側の歩道を歩いてスピーチエリアについた。夏頃は万単位で人がいて、歩くこともままならなかったが、今はさすがにそれほど人がいない。スピーチエリアには演壇が設けられていて、千葉麗子だと思われる女性(名乗った時はいなかったが、たぶんそうだと思う)がコールをしていた。彼女は、コール後、司会もしていた。第一番目にあがったのが、ニューヨークで詩人をしている男性が演壇に上がり、「歌」を披露していた。

国会前で歌を披露する詩人

国会前で歌を披露する詩人

それから、私は官邸前に向かった。国会前庭の前を通る道である。途中で、欧米人と思われる男性がギターを弾いていて、その前に「 NO NUKES」などとプラカードやロウソクが置かれていた。なかなかファンタスティックであった。

国会前庭前にて

国会前庭前にて

官邸前道路と六本木通りの交差点に到達した。そこには何枚もの手描きのポスターがディスプレイされていた。今までみたことがなかった。

手描きポスター

手描きポスター

人があまり多くないので、官邸前にも進んで行けた。しばらくすると、ドラム隊が、官邸前を出発して、歩道を「行進」するのに遭遇した。じっと立ち止まって演説を聞いているのは寒いので、ついていくことにした。

ドラム隊の行進は、文部科学省近くを通った。文部科学省前でも抗議活動は行われていた。抗議活動を行っているグループは、「人形」を使った寸劇で訴えようとしていた。何か資料も使うようだった。今回は遠慮したが、次回も行うようだったら、いってみよう。

文部科学省前抗議活動における寸劇

文部科学省前抗議活動における寸劇

ドラム隊の行進はさらにすすみ、経産省前テント広場に到達した。そこでは、甘酒やホッカイロなどが配られていた。そういえば、デモなどでここを通ると、いつもなにがしかの物が配られていたと記憶している。優しい人たちである。

経産省前を行進するドラム隊

経産省前を行進するドラム隊

経産省前テントひろば

経産省前テントひろば

ドラム隊は、経産省前テントひろばから、外務省脇を通行して、六本木通りの国会前庭側歩道を通って、国会前に向かおうとした。しかし、国会前道路の入口付近で、警官隊に通行を差し止められた。緊張感が高まった。そこで「通せ」「通せ」とコールしようとした人がいたが、ドラム隊の一人からやめるように諭されていた。しばらく、首都圏反原発連合の担当者が交渉し、その結果、通行が許可された。これは、なんだったのだろう。

国会前道路の通行を一時阻止されるドラム隊

国会前道路の通行を一時阻止されるドラム隊

一時、行進を差し止められた結果、かえって、ドラム隊の意気はあがったようだ。ドラム隊はスピーチエリアに合流した。そこでは、ミサオ・レッドウルフ氏がコールを行っていた。「玄海廃炉!」など、各地原発名をあげてコールをしていたのだが、いつもは冷静な事務連絡している彼女のコールは迫力があった。それから、別の人が「選挙で変えよう!」「国会変えよう!」「官邸変えよう!」などとコールししていた。「選挙」関連のコールは、かなり多くのところで聞かれた。その後、日本共産党の前衆議院議員笠井亮氏がオレンジの服を着て演説していた。私は聞いていないが、宇都宮けんじ氏も演説を行ったらしい。

国会前における熱狂

国会前における熱狂

その後、ドラム隊は、国会に向かって右側の歩道を歩いてファミリーエリアに到達し、そこを盛り上げた後、さらに歩いて、彼らが定番としている国会前歩道のある地点で盛りあがり、時間がきて解散した。

ドラム隊

ドラム隊

首都圏反原発連合の知人に聞くと、参加人数は5000人くらいといっていた。最初はどうかなと思ったのだが、今、抗議活動の場はいろんなところに拡散しており、だんだん人数が増えてきたので、そんなものかもしれない。とにかく、「選挙で変えよう!」「国会変えよう!」というコールが目立つようになった金曜日の官邸前抗議行動であった。

Read Full Post »