Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘被爆線量’

2012年7月21日付朝日新聞朝刊で、福島第一原発事故の復旧工事において、下請け会社役員が作業員に線量計に鉛のカバーをかぶせ、被曝線量を少なく見せかける偽装工作を行ったことが報道された。まず、その記事の最初の部分をみてほしい。

線量計に鉛板、東電下請けが指示 原発作業で被曝偽装

 東京電力が発注した福島第一原発の復旧工事で、下請け会社の役員が昨年12月、厚さ数ミリの鉛のカバーで放射線の線量計を覆うよう作業員に指示していたことがわかった。法令で上限が決まっている作業員の被曝(ひばく)線量を少なく見せかける偽装工作とみられる。朝日新聞の取材に、複数の作業員が鉛カバーを装着して作業したことを認めた。役員は指示したことも装着したことも否定している。厚生労働省は、労働安全衛生法に違反する疑いがあるとして調査を始めた。 

このことは、作業員の安全を侵害するもので、法令違反であることは間違いがない。しかし、私が関心をもったのは、どのような論理で、作業員に、このことを強制したかといことであった。朝日新聞の報道をさらに紹介したい。

 

朝日新聞は、福島県の中堅建設会社である下請け会社「ビルドアップ」(同社本社は浪江町に所在…引用者注)の役員(54)が偽装工作したことを示す録音記録を入手した。昨年12月2日夜、作業員の宿舎だった福島県いわき市の旅館で、役員とのやりとりを作業員が携帯電話で録音していた。

 役員はその前日、作業チーム約10人に対し、胸ポケットに入るほどの大きさの線量計「APD」を鉛カバーで覆うよう指示した。だが3人が拒んだため、2日夜に会社側3人と話し合いがもたれた。役員は録音内容を否定するが、この場にいた複数の作業員が事実関係を認めている。

 役員が口火を切った。

 「年間50ミリシーベルトまでいいというのは、原発(で仕事を)やっている人はみんな知っている。いっぱい線量浴びちゃうと、年間なんてもたない。3カ月、4カ月でなくなる。自分で自分の線量守んないと1年間原発で生活していけない。原発の仕事ができなかったらどっかで働くというわけにはいかねえ」

 作業員の被曝限度は「年間50ミリシーベルト」などと法令で定められている。被曝限度を超えれば、原発では当面働けない。

 役員は続けた。

 「線量がなくなったら生活していけるわけがねえんだ。わかる? 50ミリがどんどん目減りしていくわけがだから」

 今回も工事は、東電がグループ会社「東京エネシス」に発注し、ビルド社が一部を下請けした。ビルド社員や、業者の紹介で各地から集まった人ら約10人の混成チームで、汚染水処理システムのホースを保温材で巻く。現場は、福島第一原発1〜4号機の間近だ。

 鉛カバーで記録上の線量が下がることは、放射線にかかわる人には常識だ。作業員の一人が「俺はやっていけないことを……」と言うと、役員は遮った。

 「やってはいけないってのは百も承知。やりたくない人は無理にやらなくたっていいんだよ。」

 別の作業員が「これって犯罪に近いと思う」と言うと、役員はこう反論した。

 「私、無理押しした? 自分のために納得してやってもらえるだったらやってください、ということなの。俺は、自分の線量を守りたいからやるよ」

 この役員は、実質的な現場責任者も兼ねていた。各地の原発で工事を仕切るため、「あそこ(福島第一)で全部(線量を)使い果たすわけにはいかねえ」とも語った。

 同じ現場で鉛カバーを着ける人と着けない人がいたら、線量の記録がばらついて不正が見つかる。役員は自分の線量を少なく見せるため、全員に鉛カバーの装着を求めているのだろうー。作業員たちは納得できず、「なぜ鉛で隠すのか」と重ねて反論した。

 「鉛で隠さないと、線量なくなったら仕事にならないんだ」

 この論理は、驚くべきことである。労働者においては、自身が生命を維持して生活することを目的として、雇用契約を結び、賃金を得ることが通常のあり方といえる。しかし、この役員の論理が逆転している。長期雇用を確保するために、いわば、自らの身の安全を犠牲に供することを求めている。生命・生活は、雇用によって賃金を得るための目的であり、雇用以前に守るべきものであるはずだが、ここでは、雇用を確保するために、犠牲にされていくのである。

さらに、この対話の続きを、朝日新聞の記事からみていこう。

 

現場を下見した際に「被曝隠し」を決断したー。作業員らがビルド社役員の発言をそう受け止めた場面がある。

 鉛カバーの装着を拒んだ作業員らとの話し合いが行われた12月2日夜のことだ。やりとりの録音によると、いわき市の旅館の一室で、役員はビルド社のチームが1〜4号機付近の作業現場を下見した11月下旬の出来事を話し出した。爆発で飛び散ったがれきがまだ残る中、APD(線量計…引用者注)の警報が「ピピピ」と鳴った。

 「こりゃあ(線量が)高いなっていうのは、すぐわかった。あのエリアやるときはこうしようと、私なりの判断で決めた」。役員の発言を聞いた作業員らは、「こうしよう」が被曝隠しのことを指すと確信したという。

 さらに、役員は「自分の線量は自分で守るため、今までそうやったことがある」とも語り、それ以前にも「被曝隠し」をした経験があることをほのめかした。

 作業員たちは納得しなかった。役員は次第に説得をあきらめ、口調を強めた。

 「原発は向いていないかもしんない。地元に帰って別な仕事やりな」

 「線量の高いときはそれなりにいろいろやってきてんの。それがさ、あんたの生き方間違っているって、俺は言われたくねえんだ」

 1時間に及んだ話し合いは折り合わなかった。作業員らは仕事を離れ、翌日にはそれぞれの地元へ帰った。

放射線量が高く、より危険であることを承知しながら、安全対策を講じず、むしろ、偽装被曝しか考えていない。そして、このようなことは、以前からなされていたことがここで示されている。さらに、法令に即した線量計の扱いを主張した労働者を結局解雇した。不当労働行為としかいえないであろう。

本ブログでは、あまり原発労働について取り上げてこなかった。この出来事は、原発労働の本質をついているといえる。放射線量の高いところでは、労働者は長期間作業することはできない。しかしながら、下請け企業においては熟練労働力を確保するという点から、労働者においては少しでも安定雇用を維持するという点から、被爆線量を偽装によって少なくさせることによって、長期間の作業を可能にしようとする。その論理構造が全く分からないというわけではない。だが、その帰結は、雇用のために、労働者一人一人の生命・生活が犠牲にされるということなのである。

これは、単に、原発労働だけではない。福島原発が立地している地域社会総体にみられることである。雇用にせよ、補助金にせよ、税収にせよ、購買力にせよ、原発によって得られる金銭とは、地域社会にとって、地域住民が生命を維持し、生活を発展させていくために使われるべきものであった。福島原発近傍で、一般住民は生存しえなくなった。その際、例えば、雇用が、どのような意味をもつのか。そして、このようなことは、他の原発が立地する地域社会でも出現する可能性を有しているのだ。

このことは、原発労働や原発立地の地域社会だけのことではない。私は、このようなことを「驚くべき」ことといったが、「驚いてはいない」。このような、労働者の生命や生活を犠牲にする労働状況は、いまや一般に蔓延している。このようなことは、今や、国家の方針でもある。大飯原発再稼働を主張した2012年6月8日の野田演説では、事実上原発の安全性向上を無視した上で、

夏場の短期的な電力需給の問題だけではありません。化石燃料への依存を増やして、電力価格が高騰すれば、ぎりぎりの経営を行っている小売店や中小企業、そして、家庭にも影響が及びます。空洞化を加速して雇用の場が失われてしまいます。そのため、夏場限定の再稼働では、国民の生活は守れません。

と述べた。野田は「雇用」を強調して、事実上「安全性向上」を無視したということになるが、これは、いわば、人びとの「生命」「生活」を「雇用」のために犠牲にしたということができる。その意味で、今回の線量偽装事件の論理に相通じているといえよう。

 

Read Full Post »