Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘経産省’

もう、先月のことになるが、2015年5月27日、東京電力は、福島第一原発の汚染水処理が「完了」したと発表した。日本経済新聞のネット配信記事をみてほしい。

福島第1の汚染水処理、東電「完了」 除去し切れず道半ば
2015/5/27 23:56

 東京電力は27日、福島第1原子力発電所のタンクにたまった高濃度汚染水の処理を「完了」したと発表した。当初の目標時期より2カ月遅れ、累積処理量は約62万トンに達する。もっとも、このうち18万トンは放射性物質を除去し切れておらず、再処理が必要。浄化作業は道半ばだ。

 福島第1原発では事故を起こした1~3号機の原子炉に冷却用の水を注いでいる。核燃料などに触れた水は放射性物質を含む汚染水となり、さらに建屋に流れ込む地下水と混じる。東電はこれを敷地内のタンクに移し、浄化装置「ALPS」などで処理してきた。

 東電の広瀬直己社長は2013年に安倍晋三首相に対し「14年度中に浄化を完了する」と約束した。しかしALPSのトラブルが頻発し、達成を断念していた。

 2カ月遅れながら浄化を完了したと東電が発表したのは、あと数カ月かかり夏以降になるとみられていた海水成分の多い汚染水の処理が、想定より前倒しできたためだ。この結果、漏洩による環境汚染や被曝(ひばく)のリスクも下がった。

 ただ作業がこれで終わるわけではない。東電によると、処理した62万トンのうち放射性物質の大半を取り除けるALPSで浄化したものは44万トン。当初はALPSですべて処理する考えだったが実現しなかった。残る18万トンは「主成分」といえるセシウムとストロンチウムを重点的に処理した水で、ほかの放射性物質は除去し切れていない。

 東電は改めてALPSで処理する方針だが、達成時期は未定。ALPSで処理した水もトリチウムという放射性物質は除去できずに残る。この水の扱いは決まっておらず当面は保管を続ける。

 地下水対策も不十分だ。1日約300トンが建屋に流れ込んでおり、浄化作業は続く。流入を止めない限り汚染水が新たに発生する。建屋の周囲の土壌を凍らせて壁を築く「凍土壁」を造成中だが、完成のめどはついておらず、汚染水問題の最終的な解決はなお遠い。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27HAA_X20C15A5CR8000/

これを読んでいても、何がどういう意味で「完了」したのかがわからない。原子炉建屋への地下水流入は止まっておらず、日々汚染水は発生しているのである。それに、処理したといっても、一部にはセシウムとストロンチウムしか除去できなかった汚染水が残り、ALPSで再処理する必要がある。なにより、すべての汚染水処理で、放射性物質のトリチウムが除去できないでいるのだ。ある程度、高濃度汚染水における放射能汚染を緩和したという程度である。

そして、この汚染水処理におけるトリチウムの問題が課題となっている。本日6月23日にネット配信された福島民報の記事をみてほしい。

 

トリチウム処分足踏み 第一原発汚染水 政府、来年度に検討会新設
 
 東京電力福島第一原発で、多核種除去設備(ALPS)を使っても汚染水から取り除けない放射性トリチウムを含む水の処分方法をめぐる動きが足踏みしている。政府は来年度前半にも有識者や県内の漁業関係者らからなる検討会を新設し、最善の処分方法を決める方針を固めた。しかし、大量のトリチウム水を処分する技術は依然として確立されておらず、漁業関係者らも「陸上保管が前提」と慎重姿勢で、課題解決の糸口は見えない。

 ■議論本格化

 検討会は経産省の作業部会が絞り込んだ5つの処分方法について適切かどうか議論し、採用する方法を決める。検討会の構成員など概要は今後詰めるが、地元の意向をくみ上げる観点から、周辺自治体や漁業関係者らもメンバーに加える案が浮上している。
 経産省の作業部会は「採用方法について結論を出す場ではない」(同省)との位置付けで、検討会が作業部会の成果を引き継ぐことになる。同省の担当者は「国民の理解を得るため、拙速にならないように進めたい」と話している。
 ただ、作業部会は現在、それぞれの処分方法について実証試験を実施しているが、有効性が認められるとは限らないのが現状だという。

 ■慎重姿勢

 漁業関係者をはじめ地元関係者は風評などを懸念し、海洋放出など陸上保管以外の処分方法には慎重な姿勢を崩していない。
 県漁連の野崎哲会長は「ALPS処理水は現時点では陸上保管が前提。政府がどういう提案をしてくるかを注視している段階だが、いずれにしても風評を招かないように丁寧な説明を求める」としている。
 県原子力安全対策課の菅野信志課長は「県としては安易な海洋放出は認めない。どの選択肢を選ぶにしてもしっかりと議論した上で県民の理解を得てほしい」と注文した。
 
 ■保管のリスク

 東電によると、福島第一原発構内には18日現在、ALPSで処理したトリチウム水約45万7500トンが地上タンク約330基に貯蔵されている。これらの水は日々増加しており、トリチウムを処分できないと地上タンクを造り続けなくてはならない。
 タンクのうち、板状の鋼材をボルトでつなぎ合わせたフランジ型タンクの耐久期間は5年とされている。継ぎ目のない溶接型タンクへの切り替えを急ぎながらタンクの増設も進めている。汚染水対策に取り組む作業現場で大きな負担となっている。タンクの設置場所にも限界があり、原子力規制委員会の田中俊一委員長(福島市出身)は「トリチウム水を海洋放出すべき」と指摘する。

( 2015/06/23 09:45 カテゴリー:主要 )
http://www.minpo.jp/news/detail/2015062323598

これもわかりにくい記事である。まず、一番最後に出ているのだが、専門家である原子力規制委員会委員長田中俊一は「トリチウム未処理水」を海洋放出せよと主張している。記憶によれば、田中は前々からそのように主張していた。しかし、福島県の漁業関係者は風評被害などを懸念し、トリチウム未処理の「完了汚染処理水」(これ自体が名義矛盾だが)は陸上で保管せよと主張し、とりあえず現段階で福島県庁も同様の姿勢をとっている。

経産省としては、トリチウム処理について作業部会を設置し、5つほど処分方法を検討しているが、どれもまだ有効性が実証できないということである。有効な処分方法があれば、専門家である田中俊一委員長も、トリチウム処理を推奨するはずであり、トリチウム処理についての方法論は確立していないということになろう。

しかし、経産省は、作業部会の成果を引き継ぐ形で検討会を設置するというのだ。この記事では「検討会は経産省の作業部会が絞り込んだ5つの処分方法について適切かどうか議論し、採用する方法を決める。検討会の構成員など概要は今後詰めるが、地元の意向をくみ上げる観点から、周辺自治体や漁業関係者らもメンバーに加える案が浮上している」としている。専門家である原子力規制委員会でもトリチウム処理の方法論はわからないというのに、非専門家である漁業関係者や周辺自治体をメンバーに加えても、トリチウム処理の方法論が判断できるとは思えない。

思うに、トリチウム未処理水の海洋放出を地元に飲ませるための布石として位置づけられているのではなかろうか。「完了」などしていないのにもかかわらず、「汚染水処理」は「完了」したという擬制のもと、新たな放射能汚染を心配しなくてはならないのだ。

Read Full Post »

経産省前テント撤去命令緊急抗議集会(2012年1月27日)

経産省前テント撤去命令緊急抗議集会(2012年1月27日)

昨日(2012年1月27日)、経産省前テント撤去命令緊急抗議集会にいってみた。私も、それほどよく知らなかったのであるが、2011年9月11日、「再稼動を阻止する首都圏独特の脱原発、再稼動反対の1つの砦」となることをめざして、東京霞ヶ関の経産省前の「広場」(といってもかなり狭いのであるが)に、テントが数棟建てられ、現在にいたっている。9月11日に建てられた経過や意味については、テントを建てた人たちのサイト「経産省前テントひろば」(9月27日付)を長文ではあるが引用しておこう。

経産省前のテントとは何か!
私たちは9.11経産省包囲行動の直後から、同省の敷地一角にテントを張って、連続の座り込みに入っている。このテントを巡って経産省や丸の内署との攻防が続いている。
同時に若者たちが同省の正門前の路上で独自のハンガーストライキに入った(11日17時から10日間)。われわれは彼らとの連帯はもちろんだが、9.11から9.19の脱原発ウィークをいかに盛り上げていくか、「休止中の原発の再稼動」をいかに止めさせるかという問題意識から始まったが、開始以来10日を経過した今日、この「テント」は脱原発の全体的運動の中で一定の役割を果たし始めている。
「テントを直ちに撤去せよ」という経産省の言い分は、ただ単に自分たちの固有の敷地だかから撤去せよというだけだが、もとより経産省もその管理する土地も民のものである。われわれは正論として、この場所を「原発問題の市民的議論」の場所として提供せよと主張している。
福島第一原発の大事故は、原発の安全神話を崩壊させ、原発の根本的な見直し、再検討の世論のもりあがりを作り出した。にもかかわらず経産省、原子力安全・保安院は安全宣言を出し(6月18日)、休止中の原発に対して「緊急対策もシビアアクシデント対策も適切に行われている」と断定して、ストレステストもそこそこにして、再稼動させることを至上命令としている。再稼動しなければ来年の4月には全国54の原発は全て停止してしまうという政治的危機を招くことになるからだ。
福島の事故は依然として継続中であり、各原発は福島事故の以前と何も変わってはおらず、危険はそのままである、事故の原因・経過についてさえ、ほとんど解明されてはいない。事故の伴う放射能汚染に対する対応、賠償問題等についても、まったく不十分な対応しかとられていない。そういう状況における再稼動は福島の人々を初めとする「原発を無くしてほしい!」という切実な要求を完全に無視する暴挙である。
9月11日に打ち立てた「テント」は再稼動を阻止する首都圏独特の脱原発、再稼動反対の1つの砦になりえるものと思う。確かにわれわれが建てたものではあるが、今日までわれわれ以外の多くの人々の力によって支えられてきている。脱原発、反原発の運動を担う全ての皆さんの戦いの拠点として、皆さんのものとして引き続き支え、さまざまな活動、交流、そして幅広い市民的議論の場として活用して頂きたいと思う。
民の怒り、脱原発の運動は、9月19日には全国6万人の大集会として政府や経済産業省を追い詰めている。彼らが狙う再稼動も決して容易ではないはずだ。原発立地の住民はかつてないほど大きく脱原発の声を上げている。再稼動についても枝野経産相は微妙な発言をせざるをえない状況にもある。
われわれはこのテントを撤去しない。しかし多くの皆さんのご協力は絶対必要だ。ともに連帯して、経産省の一角に突き刺さった脱原発の小さな棘を皆さんと共に太い楔、砦として発展させていただきたいと思う。
http://tentohiroba.tumblr.com/post/10760742394

その後、経産省前テント広場は、脱原発運動を行っている人の交流の場として機能してきたようである。その記録は、サイト「経産省前テントひろば」に綴られている。これ自身、非常に興味深いが、ここで紹介する余裕はない。ただ、単に首都圏だけではなく、福島から来た人たちや、外国から来た人たちにとっても交流の場となったようである。

ところが、経産省は、2011年1月24日、テントの撤去を求める命令を出した。この経過を、サイト「経産省前テントひろば」(1月25日付)でみておこう。

<テント日誌 緊急特別版 1/24(火)>
★経産省のテント撤去命令に心底からの怒りをもって抗議し、
  再稼働阻止・脱原発のためにテントひろばを守り抜こう!
★1月27日(金) 午後4時~6時の抗議行動に全ての人々の参加を!
テントひろばに心を寄せ、思いを共にする全ての人々に、経産省前テントは今重大な事態に立ち至っていることを告げ知らせねばならない。
そして経産省の不当な退去・撤去命令に心底からの怒りをもって抗議し、テントひろばを守り抜くための行動に共に結集されるよう呼びかける。
今日1月24日(火)、枝野経産相は定例の記者会見において自ら経産省前テントを話題にし、テントの自主撤去を強く求めると言明した。テントは不法占拠
である、火気に関して管理上の危険が存在する、というのがその理由であった。
 
それを受けて、経産省大臣官房情報システム厚生課厚生企画室長は、「1月27日(金)17時までに当省敷地からの退去及びテント・持ち込み物等の撤去」命令
を文書でもって通告してきた。その理由として火気についての細々としたことを書き連ねられている。
この経産省の一連の行動は、とみに強まっている再稼働策動の重大な一歩である。とりわけ、先日のスレステスト意見聴取会での傍聴人排除、利益相反委員に
よる審査という不法行為、密室での少数委員によるお墨付きというなりふり構わぬ姿勢と共通のものである。
テントひろばが4ヶ月半にわたって存在しているのは、福島の女たちをはじめ、全国津々浦々の、さらには全世界の人々の脱原発を求める心と思いに支えられて
であり、反原発の象徴として、それらを一つに結び合わせ、交流・表現する公共空間となっているからである。
 枝野経産相もそれは充分承知の上であろう。彼が9月に言明した「国民的議論が必要」という考えをなお保持しているのであれば、テントひろばと向き合い、話し
合いや公開議論の場をこそつくるべきであろう。
テントは24時間の泊まり込み、「とつきとおかの座り込み」に表されるように生活の場でもある。そして雪が降り積もるような厳冬下、暖房の確保は生存権・生活権に
関わることである。
一切の暖房を認めないとする経産省は、凍死者が出ることを願っているのであろうか。原発を推進してきた経産省にとって、人命とはかくも軽視すべきものなのだろうか。
 テント広場では防火責任者をおき自主管理で運営し、消防法上も「危険な行為」など一切ない。経産省とテント防火責任者が何度も話し合っており、これからも共同で防火に努めれば「危険」などないはずだ。経産省は姑息な口実はやめるべきである。
今必要なことは、テントの撤去ではなく、再稼働をやめ、原発をなくすための努力をすることである。そのためにテントを守り抜かねばならない。
テント運営会議は、1月27日には、記者会見・声明の発表、枝野経産相への会見申し入れ、そして午後4時~6時の抗議行動を決定した。
ともかく、本当に大規模な抗議行動が必要であり、どれだけ多くの人々がテントを必要とし、テントと結び付いているかを、経産省に思い知らせねばならない。
テントに心と思いを寄せる全ての人々の結集を呼びかける。
そして明日から週明けまでの1週間は、右翼の襲来も予測される。(本日すでに街宣車4台で登場。)様々な事態がありうる。是非テントひろばに駆けつけて、朝~夕の座 り込み・夜の泊まり込みに参加して下さい。
土・日にはテントひろばで様々なイベントを繰り広げよう。
再度、1月27日午後4時~6時の抗議行動への結集を!
                                      ( Y・T )
1月 2012 25th 水曜日 1:03 に投稿されました
http://tentohiroba.tumblr.com/post/16410139811/1-24.

このことを、フェイスブックを通じて、私も、1月27日の集会に出てみた。経産省への抗議ということもあるが、しばらく前から、このテントの存在に興味をもったということもある。「福島の女たちをはじめ、全国津々浦々の、さらには全世界の人々の脱原発を求める心と思いに支えられてであり、反原発の象徴として、それらを一つに結び合わせ、交流・表現する公共空間」ということが「経産省前テントひろば」ではうたわれている。私自身も、自分の専門の研究では、「公共圏」という概念を使って、日本の近代都市の自治を検討してきた。まさしく、言論の場こそが、近代社会を運営する上での核であるはずでなければならない。そして、議会・マスコミ・大学などは、本来そのような場である。しかし、今や、形骸化し、ただ地位と力をもつものの交渉の場でしかなくなっている。どのような形で、言論の場としての公共圏・公共空間が再生されるのだろうか。そのような意味で、このテント広場自体に対する関心を有していたのである。

出てみると、経産省前の小さな空間に、テントが数棟(3棟だったか)が建てられており、その前の歩道で集会が行われていた。この場所は、交差点の真ん前にあたり、一般の歩道よりは広いのだが、それでも、普通の歩道である。そして、テント前の歩道で、集会が行われていた。

私がいった時は集会が始まる午後4時よりは少し前で、バンドの演奏が行われていた。

普通の集会とは違うのは、「受付」があったことである。受付では、氏名・住所などを書くことになっていた。これは、経産省に提出するそうである。受付用紙に「カンパ」の欄があり、たまたま持っていた500円玉を出したのだが、「受付」で「お釣りは」と言われてしまった。うーん、微妙である。そんなに貧しそうにみえるのかな。

経産省テント前広場の「受付」

経産省テント前広場の「受付」

とにかく、狭い歩道であり、結局、歩道の道並びに人びとはいたらしい。しかも、多くの警官が配置され、「通路を確保してください」「そこにいないでください」とうるさい。私自身は、少しでも動くと、どこにいくことになるのかわからないので、「受付」のそばにいることになってしまった。そこは、テント前で、テントに出入りする人たちの通り道となっており、迷惑だろうなと思ったが、しかたなかった。

テントは、このようなものである。当然ではあるが、あまり大きなものではない。お見舞いにもってきたのであろう、プリムラの鉢物が置かれていた。

経産省前テント

経産省前テント

テントに置かれていたプリムラ

テントに置かれていたプリムラ

そして、16時から集会が始まった。私のいたところは、前述したように人の出入りが激しいところであった。また、警官の声がうるさかった。また、マイクの調子などで聞き取れないこともあり、あまり集中しては聞いていない。ざっと聞いたところ、主催者側の人がこの間の経緯などを説明していた。ただ、よく聞き取れなかったものの、福岡の人たちの発言が多かったように思う。女性が多かったが、彼女たちは、避難せざるをえなくなった状況、これからの不安を口々に話していた。

また、中学生も集会の場で発言していた。その中学生は「選挙権をもったみなさん、よろしくお願いします」などといっていた。耳が痛かった。

始まったときは、まだ明るかったのであるが、だんだん暗くなってきた。冒頭の写真は、ちょうど夕暮れの時にとったものである。

18時が終了時間である。「原発いらない」「テントを守れ」などとというシュプレヒコールを経産省にむけた。集まった数は七百数十名。受付の位置がわからない人もいたたと思うので、実際の参加者はもっと多かっただろう。

経産省前のシュプレヒコール

経産省前のシュプレヒコール

後で気づいたのだが、17時が退去期限だったとのことである。しかし、経産省からは、だれも退去を命じる人はこなかった。主催者側の人がいっていたが、一応の「勝利」といえよう。珍しく、翌日(1月28日)の朝日新聞朝刊が比較的大きくとりあげていたが、「経産省は『管理規定上、問題がある』と訴えるが、今のところ強制撤去する法的根拠はないという」といっている。実際、そんなものではなかろうか。

集会が解散した時、何人かの女性が、自然に歌っている声が聞こえてきた。次の歌である。

兎追いしかの山
小鮒釣りしかの川
夢は今もめぐりて
忘れがたき故郷
(「故郷」)

たぶん、福島県からきた女性たちが歌っていたのだろうと思う。聞いた時は、なぜ歌っているのか、よくわからなかった。こうして、今、ブログを書いていて、このことを思い返し、歌集で歌詞を確認してみて、その意味をさとった。感無量である。今は何もいえない。

Read Full Post »