Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘相馬市’

このブログで、12月2日に福島県相馬市の相馬漁港で行った衆院選第一声で、安倍晋三首相は、福島第一原発の廃炉作業、汚染水対策、補償問題、避難指示解除問題などに触れないまま、雇用確保や中小企業対策、復興公営住宅建設、常磐道早期開通などの「福島」復興事業を提唱した。この第一声は、単に全国にむけてメッセージを発するというだけでなく、この相馬市や南相馬市・飯舘村・伊達市・福島市などが包含されている福島一区の自由民主党候補者亀岡偉民への応援演説でもあった。

とりわけ、この相馬漁港でとれた水産物を主な事例として、「風評被害」を打破して福島県産の農水産物を日本中に、いや世界中に売り広めることを安倍首相はこの第一声で強調している。重複になるが、その部分を抜き出しておこう。

昨年10月、この港にやってきて、おいしいシラスや、毛ガニや水たこやイカをごちそうになりました。本当においしい、このおいしい水産物をもっともっと多くの皆さんに食べてもらいたいな、風評被害を払拭しなきゃいけない。頑張ってまいりました。
(中略)
3月の1日に常磐道全線が皆さん、開通するんです。これを皆さん、これを皆さん、しっかりとこの東北の復興の起爆剤に活用させようではありませんか。常磐道を通って、日本中からこの地にやってきて、この漁港であのおいしいシラスやなんかを食べていただけるんではないかなと思います。試験操業についても魚種、そしてエリアを今、着実に拡大をしているところであります。
(中略)
そして、私たちは地方の良さを生かして、地方創生を進めていきたいと思います。地方創生、地方の良さ、この漁港で採れる、素晴らしい、おいしい水産物もありますし、福島県にはいろんな農産物もありますね。漢方未来米。体にもいいし、健康にもいいという付加価値の付いたお米があります。そして、またおいしい牛もあります。「あかつき」っていう桃もありますね。まだ亀岡さんからもらったことありませんが。
 今度は当選したらもらえるんではないのかな。このふうに思います。この輸出、なかなかまったく言われなき輸出規制が海外にあった。私は世界中回って、必ず首脳に直接おかしいと、私、毎日食べてんですよと言って、この輸出規制に対して撤廃、緩和をするように呼びかけてきました。シンガポールをはじめ多くの国々でやっと、撤廃緩和がスタートしまいした。今、このチャンスを生かして、福島の素晴らしい農産物を日本中に、水産物を世界中に、どんどん送り出していこうではありませんか。
http://thepage.jp/detail/20141202-00000013-wordleaf?page=1

この第一声の後、相馬双葉漁協の女性から安倍首相に塩焼きしたマガレイ一箱が贈呈された。そのメッセージで、相馬双葉漁協の女性は、普段であれば、「おとうさんたち」のとってきた魚を選別して市場に売っていたのだが、それができないのは残念であるとまず述べた。そして、「おとうさんたち」は「試験操業」で前向きに過ごしているが、「本操業」になって魚が売れるかどうかは心配でならないとして、安倍首相には放射能対策に対する取り組みをしっかりやってもらって、福島でとれる魚が安全・安心で食べられることをPRしてほしいとし、相馬で穫れたマガレイを用意したので、ぜひ食べて欲しいと発言した。

この「塩焼きカレイ」一箱(数匹は入っていたが)を受け取った安倍首相は、この塩焼きカレイの箱を観衆に披露した後、カレイの箱を片手に抱えつつ、カレイ1匹の尾を片手でつかみ、尾に近い側を口で直に齧る(たぶん背鰭か臀鰭も含んで)というパフォーマンスを行ったのである。この演説やパフォーマンスの一部始終は自由民主党のサイトがあげている次の動画で見ることができる。なお、カレイを手づかみで食べるというパフォーマンスは、この動画の終わりのほうである。

安倍晋三は、自身のツイッターで、次のような感想をもらしている。

さて、このパフォーマンスは、いろんな意味を含んでいる。私は自著『戦後史のなかの福島原発』(大月書店、2014年)において、原発建設の過程で原発のリスクと原発建設にともなう開発利益や交付金などのリターンがバーターされていたと論じた。このパフォーマンスも、この論理のなかで理解すべきであろう。福島第一原発事故がもたらしたリスクーここでは福島県産の水産物への「風評被害」という形で現出されているーを、首相自らが福島県の水産物の「安全・安心」をPRする広告を行うーこれを「放射能対策」を講じるということにされているのだがーという「リターン」とバーターすることがはかられているのである。そして、このことは、その前段の演説の中で「私は世界中回って、必ず首脳に直接おかしいと、私、毎日食べてんですよと言って、この輸出規制に対して撤廃、緩和をするように呼びかけてきました」と安倍首相自身が強調していたことでもあった。もちろん、福島県産の魚が売れて欲しいという要望は切実なものである。そして、その切実さを前提にこのパフォーマンスがなされたのである。いわそして、このようなパフォーマンスは支持基盤の強化につながると安倍陣営などは考えていたであろう。

考えてみると、これは、日本国全体の統治責任者である首相という立場であるからできることでもある。民主党の海江田万里代表がやっても意味はないし、たぶんやらない。言わば、現状の「放射能対策」は万全であり、それゆえに首相が食べて問題ないのだという意味をこめたパフォーマンスなのであろう。

とはいえ、このパフォーマンスは、福島県産の水産物を売り広めることにつながるのであろうか。汚染水対策も廃炉作業も除染も十分進展していない。これらのことは、究極的に福島県水産物への忌避感を継続させている。そして、今でもまた放射能100bq以上の魚が福島県沖でときどきとれている。もちろん、多くの水産物は「検出限界」以下であるとされている。こういう状況で確定的なことはいえないが、このようなパフォーマンスより、根拠を示して理性的に説得するほうが、まだ「風評被害」対策になりうるとも思えるのだ。そして、それは、せいぜいが「美味しい」としか言えない安倍首相(手づかみで鰭も含めて齧りついた魚が美味しいかどうかすら疑問なのだが)よりも、より理知的に説明できる専門家のほうが買い控えする消費者たちを納得させられると思う。しかし、そういう対策がとられているかどうか不明であり、安倍首相の演説を聞いていると、そういう体制をとることの必要性すら認識していないのではないかと思う。

時事通信は、安倍首相の第一声を聞いた相馬市の人びとの感想を次のように伝えている。

復興推進訴えも「上っ面」=首相演説に住民冷ややか-福島・相馬【14衆院選】

 安倍晋三首相が第一声の候補地として選んだのは、東京電力福島第1原発の汚染水問題を受け中止していた試験操業が昨年9月に再開した福島県相馬市の相馬原釜漁港。「この選挙を勝ち抜き、復興を進めていく」と訴えた。
 首相は白いコート姿で、強い寒風が吹き荒れる中、集まった支持者らを前に交通インフラの復旧や企業立地など原発事故からの復興の成果を強調。「経済が成長し、みなさんの生活が豊かになる。これがアベノミクスだ」と力説した。
 しかし、住民の反応は冷ややか。同県浪江町から南相馬市に避難し、漁業再開に向け準備している漁師高野武さん(64)は「上っ面だけきれいごとを並べている。具体的な話は何一つ出てこない」と批判した。
 相馬市で釣具店を経営する斎藤基次さん(73)も「復興の実感が湧かない中、成果だけ強調されてもアリバイ作りにしか聞こえなかった。期待外れだ」と漏らした。(2014/12/02-12:14)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014120200741

福島第一原発事故のリスクを、安倍首相が福島県産のカレイを手づかみして食べるというパフォーマンスにより安全・安心を広告するというリターンとバーターするという論理。前述してきたように、これは、福島原発建設時にもみられた構造であった。そのような論理に期待をもつ人びとが多くいる。しかし、その論理の有効性自身が、福島第一原発事故の中で問われているのである。

広告

Read Full Post »

さて、本日(2014年12月2日)、衆議院選挙が告示され、選挙戦が始まった。自由民主党総裁である安倍晋三首相が、衆院選第一声を発する地として選んだのは、自民党衆院選候補者亀岡偉民の選挙区である福島県相馬市の漁港であった。

この相馬市は福島第一区である。この区には、福島市、相馬市、南相馬市、伊達市、伊達郡桑折町、伊達郡国見町、伊達郡川俣町、相馬郡新地町、相馬郡飯舘村(http://senkyo.yahoo.co.jp/kouho/s/?b=07より)が属している。重要なことは、この区には、今でも帰宅困難区域や居住制限区域をかかえている飯館村、南相馬市、川俣町を包含しているということだ。飯舘村は基本的にはまだ全村避難のままである。また、福島市や伊達市も決して放射線量が低かったわけではなかった。

そのような状況を踏まえつつ、「THE PAGE」というサイトで全文起されている安倍首相の第一声をみていくことにしたい。安倍首相の第一声は、このように始められている。

安倍:皆さま、おはようございます。安倍晋三でございます。今日は寒い中、風の強い中、亀岡偉民頑張れというお気持ちでこの相馬港にお集まりをいただいたこと、厚く御礼を申し上げます。いよいよ選挙戦がスタートしました。一昨年の総選挙、やはり選挙戦の第一声、福島市から、福島県からスタートしました。そして、今年はこの相馬市からスタートさせていただきます。昨年10月、この港にやってきて、おいしいシラスや、毛ガニや水たこやイカをごちそうになりました。本当においしい、このおいしい水産物をもっともっと多くの皆さんに食べてもらいたいな、風評被害を払拭しなきゃいけない。頑張ってまいりました。今、ごあいさつをさせていただいた亀岡偉民さん、本当に頑張ってきてくれたと思います。ちょうどあの大震災が発災したとき、彼らは政権を失っていた。あの大災害、なんでこうなるんだ、皆さんも天を仰いだことだと思います。亀岡さんにとっても、なんで自分が議席を持っていないときに、こんな思いだったと思います。
http://thepage.jp/detail/20141202-00000013-wordleaf?page=1

最初から、脱力してしまいそうな話し振りである。確かに、相馬漁港は福島県の代表的な漁港の一つで、いわゆる「風評被害」が深刻であることは事実であろう。しかし、「昨年10月、この港にやってきて、おいしいシラスや、毛ガニや水たこやイカをごちそうになりました。本当においしい、このおいしい水産物をもっともっと多くの皆さんに食べてもらいたいな、風評被害を払拭しなきゃいけない」ということで済むようなことなのだろうか。

その後、亀岡偉民が津波被災者の捜索活動を3.11直後行い、政権復帰以後は復興庁の政務官としてがんばって、相馬港の施設も沖の防波堤以外完成したと述べている。そして、復興庁も組織改革して、復興総局を福島に設置して窓口を一本化し東京に行かなくても交渉できるようにしたとし、さらに復興予算も19兆円から25兆円に増やしたと主張した。加えて、現状の低米価にも対策をとると述べた。

特に強調しているのが、雇用創出・中小企業保護と復興公営住宅建設である。次のように安倍首相は演説している。

また、われわれはやっぱり仕事を創らなければいけない。この考え方の下に、約400の工場の新増設を、財政支援を行って行いました。そして、5,000名の新たな雇用を生み出すことが福島県でできたのです。そして、グループ補助金を使って、3,000の中小・小規模事業者の皆さんを応援をしてきました。やっとこのように、この地域にも仕事ができてきました。また住まいについても400戸の災害公営住宅、今年度中に全て完成することになります。私たちが政権を取った段階では、復興公営住宅、計画すら実はまったくなかったわけであります。また、この相馬市以外ではありますが、原発被災者の方々、大変つらい思いをされています。ご選考については、用地についてはすでに空きをちゃんと付けて、選定が終わりました。ちょっと時間がかかるんですが、28年度中に全戸入居できるようにしていくことをお約束を申し上げる次第であります。

ここで、ようやく「原発被災者」について言及されている。しかし、安倍首相は、わざわざ「相馬市以外」としている。そもそも、彼が語る「復興」の中心に原発被災者はいないのである。そして、原発被災者対策については「住宅建設」だけなのである。彼の念頭には、福島第一原発廃炉処理も、除染事業も、避難ー帰還問題も、補償問題もないのである。そして、非常に象徴的なことだが、かなり長い安倍首相のこの演説の中で、「原発」と言っている個所は、ここしかないのである。

さらに、安倍首相は、このように話を続ける。

住まいにおいても、仕事なりわいにおいても、間違いなく進んでいます。ただ、まだまだ12万人の方々がこの福島県では不便な生活をしておられる。道半ばではありますが、私たちはしっかりと、しっかりと復興を加速化させていくことをお誓い申し上げる次第であります。復興を加速化させていくために、例えば常磐道、私たちは来年のゴールデンウイーク、この常磐道を使ってたくさんの観光客がこの地にやってくるように、ゴールデンウイークまでに全線を開通する、そうお約束をしました。さらに私はハッパを掛けました。そして、2カ月間、思い切ってさらに前倒しをします。3月の1日に常磐道全線が皆さん、開通するんです。これを皆さん、これを皆さん、しっかりとこの東北の復興の起爆剤に活用させようではありませんか。常磐道を通って、日本中からこの地にやってきて、この漁港であのおいしいシラスやなんかを食べていただけるんではないかなと思います。試験操業についても魚種、そしてエリアを今、着実に拡大をしているところであります。

安倍首相によると、常磐道が開通すれば、日本中の人が相馬漁港のおいしい魚を食べにくるというのである。

この後、安倍首相は、「アベノミクス」や「消費増税」についての自分の政策の正当性を主張している。その部分については割愛することにする。しかし、再度、安倍は、福島について、次のように言及した。

そして、私たちは地方の良さを生かして、地方創生を進めていきたいと思います。地方創生、地方の良さ、この漁港で採れる、素晴らしい、おいしい水産物もありますし、福島県にはいろんな農産物もありますね。漢方未来米。体にもいいし、健康にもいいという付加価値の付いたお米があります。そして、またおいしい牛もあります。「あかつき」っていう桃もありますね。まだ亀岡さんからもらったことありませんが。

 今度は当選したらもらえるんではないのかな。このふうに思います。この輸出、なかなかまったく言われなき輸出規制が海外にあった。私は世界中回って、必ず首脳に直接おかしいと、私、毎日食べてんですよと言って、この輸出規制に対して撤廃、緩和をするように呼びかけてきました。シンガポールをはじめ多くの国々でやっと、撤廃緩和がスタートしまいした。今、このチャンスを生かして、福島の素晴らしい農産物を日本中に、水産物を世界中に、どんどん送り出していこうではありませんか。

福島の、おいしく、物によっては「体にもいいし、健康にもいい」農水産物を、日本中に、世界中に送り出していくべきだと、安倍首相は主張するのである。

要するに、安倍首相は、復興予算によって港を復興し、公営住宅を建設し、常磐道などのインフラ整備をし、雇用を確保し、中小企業対策をして、福島の「おいしく」「体にもよい」農水産物を日本中に世界中に売り出し、観光開発を行うことによって「復興を進めていく」と言いたいのであろう。

確かに、3.11以前ならば、こういうことが「地方振興」のメニューたりえたであろう。それが、真に「地方振興」たりえるかは別として。しかし、福島第一原発事故によって多くの人びとが避難を余儀なくされ、福島第一原発の廃炉処理も除染も進んでいない現状に対し、こういう「地方振興」はどういう意味があるのだろうか。住むこともできず、もし住んだとしても健康上の懸念をもたざるをえない「地方」の振興はどうすればよいのだろうか。そのような地で生産される農水産物を売り広めるということはどういう意味をもつのか。その地を「観光開発」するとはどういうことになるのだろうか。

原発事故をなかったことにはできないし、それを見据えなくては、本当の意味で復興などできはしない。しかしながら、日本社会の多くの人びとは、福島第一原発事故から目を背け、従来の認識枠組で今後もやっていけると思い込もうとしているようにみえる。そして、安倍晋三首相は、よくも悪くも、そういう人びとの代表なのである。

Read Full Post »

福島原発の地元、福島県浜通り地方は、放射能汚染が大きな問題となっている。朝日新聞朝刊(2013年4月12日付)は次のような記事を掲載した。

福島から広島 集団移住構想 原発被災者ら

 東京電力福島第一原発事故の被災者が、集団で広島県神石高原町に移住する構想が持ち上がっている。福島の旧相馬中村藩主家34代当主・相馬行胤さん(38)と神石高原町の牧野雄光町長が11日に町役場で記者会見し、明らかにした。20〜30家族が関心を寄せ、早ければ夏にも移住が始まるという。
 相馬さんは父親の代から北海道に移り住んだが、先祖の故郷・福島県相馬市で農園を開くなどして、北海道と福島を行き来してきた。
 避難生活を送る人たちから「放射能が心配」という声を聞いた相馬さんは、集団移住を検討。昨秋、被災地支援に取り組むNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」(東京都)の代表理事で神石高原町に住む大西健之丞さんの勧めで町を訪ね、先月に妻と3人の子供と町に引っ越した。相馬さんの知り合い家族が後に続くことを検討しており、将来的に公募も計画している。
 岡山県境の山間部にあって過疎化が進む町側も移住を歓迎。NPOと連携して仕事の場を探し、町営住宅の提供もする方針だ。(朝日新聞 朝刊 2013年4月12日付 38面)

近世の相馬中村藩の藩主であった相馬家の現在の当主相馬行胤氏が、放射能汚染を懸念している相馬地域住民の集団移住を計画し、氏自身がすでに集団移住予定地である広島県神石高原町に移住したというのである。ここで、広島県神石高原町の位置をGoogleマップにてしめしておこう。岡山県との県境にあり、広島市などからも遠い山間部のようである。

相馬氏は、単に近世期に相馬地域の大名であったというにはとどまらない。それ以前から、相馬地域に居住していた。相馬氏は、平将門を出した平氏の流れをくんだ千葉氏の出身で、下総国相馬郡に所領をもっていた。現在の茨城県取手市・龍ケ崎市・守谷市・つくばみらい市・常総市や千葉県我孫子市・柏市などにあたる。偶然だが、福島第一原発事故で、首都圏のホットスポットにあたってしまった地域と重なっている。そして、源頼朝の奥州平泉遠征(1189年)に参加し、福島県浜通り北部の、現在の相馬地域にも所領を獲得した。つまり、800年以上も前から、相馬氏はこの地域の領主であった。鎌倉時代は、下総と奥州の所領をともに治めていたが、南北朝時代にわかれ、奥州の相馬氏は北朝方に、下総の相馬氏は南朝方となった。そして、奥州の相馬氏は戦国大名となり、近隣の伊達政宗などに対抗した。そして、近世においても、転封を受けることもなく、相馬中村城に本拠をもつ6万石の大名相馬中村藩として存続した(Wikipediaなどを参照)。

相馬中村藩の特徴は、家臣の城下集住が徹底せず、家臣が藩領の農村にも居住していたことであった。福島第一原発のある双葉町・大熊町も相馬中村藩領であったが、この地域にも相馬中村藩の家臣は居住していた。そして、近代以降も、彼らの子孫たちは、地域社会で一定の影響力をたもちつづけたのである。

もちろん、1971年の廃藩置県で、相馬中村藩は廃藩され、華族となった相馬氏は東京居住を義務付けられた。相馬氏は相馬地域に居住できなくなったのである。しかし、これは多くの藩に共通するが、旧藩主家は地域社会で大きな影響力をもちつづけた。たとえば、元々相馬中村藩の行事であった相馬野馬追において、総大将は今でも相馬氏当主が勤めている。そして、この朝日新聞の記事にもあるように、現在でも相馬氏は相馬地域において農園を営んでいる。

その意味で、相馬氏が自身も含めて地域住民の集団移住を計画するということは、この地域の歴史にとって一つの出来事である。放射能問題は、この地域の人びとに対して、放射性物質が存在する郷里で生活し続けるか、放射性物質の少ない地域に移住するかという、二者択一の選択をつきつけた。そして、ある意味で相馬地域の歴史的伝統を体現する相馬氏が、自身を含め地域住民の集団移住を企画するということは、この地域が非常に深刻な事態になっていることをしめしているといえる。政府や福島県庁は、年間1〜20mSvの放射線量でも安全として、なるべく早期に地域住民を地域に帰宅させようとしている。地域住民においても、早期に帰宅したほうが、農業などの生業にも復帰できるし、家や地域の歴史的伝統を守ることにもつながるようにみえるだろう。しかし、相馬氏は、地域住民の生命を考えて、自身も含めて集団移住することを選んだのである。

もちろん、相馬氏は廃藩置県以降、相馬地域から離れており、現在は北海道に住んでいる。それでも、相馬野馬追の行事などには参加している。たぶん、広島県に移住したとしても、相馬地域に関わり続けるだろう。しかし、それでも、このことの意味は重い。結局、相馬氏の集団移住は、人びとの命を守ることが歴史的伝統を守るになるということを意味しているといえよう。

Read Full Post »

4月25日、相馬市の原釜漁港にまわってみた。原釜漁港は松川浦に所在する三つの漁港(磯部・松川浦・原釜)の一つである。 googleマップでみると、磯部漁港は松川浦の奥で、最も南に位置している。松川浦漁港は松川浦の入り口でその内側であり、原釜漁港は松川浦の入り口で外海に面している。この原釜漁港を中心とする松川浦漁港は、東北でも有数の水揚げを誇る漁港であった。

原釜は、太平洋に直接面しているため、東日本大震災による津波の直撃を受けたところである。今、その映像が残されている。たぶん、原釜漁港のそばの高台から撮影されているのだろう。写っている建物は相馬原釜地方卸売市場である。かなり長い動画であるが、津波の経緯がよくわかる。最初は、それほど高い津波ではないが、しだいに高まり、堤防をこえ、相馬原釜地方卸売市場を襲った。少なくとも二階部分までは水没したようである。相馬市の津波高は、最終的には9mを超えていたようである。

なお、この動画では、最初のところで撮影者たちの事態を楽観していた声が収録されているが、その後、このようなことを付記してyoutubeにアップされている。

この映像を見るのは私自身正直つらく、けして表に出すものではないと思っていました。
逃げ惑う人、津波に飲み込まれる船、あんなに絶対絶命の状況でも必死に生きようとしている人達の姿を、遠い所からただ撮影してることしかできなかった自分にものすごく嫌悪­感があったからです。また、津波を目の前で見た人にしか分からない恐怖感が甦ってくると思ったから。
しかし、震災から半年がたった今、この映像を今後の教訓にできる様に、資料として使って頂くのが最良だと感じる様になりました。
地震大国日本にいる私たちは、常にこの映像と隣り合わせだということを、観た方たちには本当に感じていただきたいと思います。
そして、今後このような災害に見舞われた時に、冷静な判断で少しでも多くの命が助かることを祈ります。

サイト「東日本大震災(地震、津波)被害状況専門サイト」による、2012年4月12日時点の被害状況は、次の通りである。

2012/4/12時点の相馬市の被害状況※ 福島県,復興庁HPのデータより
死者数:458
行方不明者数:0
県内第1次,2次避難所在住者数:0
住宅、建物被害(全壊数+半壊数):1791
仮設住宅建設戸数:1500 (完成度100%)
仮設住宅建設箇所数(団地数):13
※ 6/17:仮設住宅への入居等が完了し全避難所が閉鎖。
※ 仮設住宅一覧はこちらのページ

2012/4/9時点の災害廃棄物(震災がれき)処理状況 ※環境省公表資料より

がれき推計量:25万4千トン
※ うち建物解体に伴うがれき発生推計量:2万3千トン

解体を除いたがれき推計量に対する撤去率:100%
解体を含んだがれき推計量に対する撤去率:97%
※ 撤去は仮置き場への搬入のことです。

処理・処分量:1万6千トン
処理・処分割合:6.5%
※ 破砕・選別等により有価売却、原燃料利用、焼却やセメント焼成、
  埋立処分等により処理・処分された量。

http://ranasite.net/?p=1478#Higai

その跡を写したのが、この動画である。ただ、先の津波現場の動画より、やや北側のところを主に写している。2011年4月6日撮影とのことである。多くの建物が流失し、瓦礫しか残っていないことがわかる。

4月25日、私自身がみた原釜地区の景況は、次の通りである。海岸付近の住宅は流され、ほとんど基礎しか残っていない。農地が主に被災した南相馬市と比べると、漁港が多かった女川や牡鹿半島の被災に類似しているように思われる。ただ、山のようにあった瓦礫の多くは整理されていたようである。瓦礫の撤去は90%以上進んでいるとのことであったが、たぶんその通りなのであろう。

相馬市原釜地区(2012年4月25日撮影)

相馬市原釜地区(2012年4月25日撮影)

そして、被災した相馬原釜地方卸売市場(魚市場)は、1年たってもがらんどうのままであった。同じく津波に被災した気仙沼魚市場が2011年6月、石巻魚市場・女川魚市場が2011年7月に再開されたことからみても、非常に遅れている。

相馬原釜地方卸売市場(2012年4月25日撮影)

相馬原釜地方卸売市場(2012年4月25日撮影)

この付近の漁船の大半は、松川浦側の松川浦漁港に繋留されていた。これらのうちには、津波に被災し、各地に流されてしまった船もあるだろう。しかし、ほとんど、漁に出た形跡はなかった。

松川浦漁港に繋留される漁船(2012年4月25日撮影)

松川浦漁港に繋留される漁船(2012年4月25日撮影)

このように、原釜・松川浦漁港の漁業再開が遅れているのは、いうまでもなく原発災害による海洋汚染のためである。2011年、福島県の各漁協では、水産物の放射性物質による汚染を懸念して、福島県の沿岸漁業を自粛した。いわき市小名浜については、2011年8月より沖合捕獲のカツオ漁の水揚げが再開された。しかし、これも、放射性物質汚染を懸念した買い控えをおそれ、6月から可能であった水揚げが延期され、ようやく8月なってから水揚げがなされたのである。もちろん、小名浜においても、沿岸漁業の自粛は続いている。次の読売新聞のネットに、2012年2月時点における原釜漁港の景況が報道されている。

来月11日めど 直売所も開店 県外から魚調達

 東日本大震災の津波で被災した福島県相馬市原釜の水産加工業者などでつくるNPO法人「相馬はらがま朝市クラブ」が震災から1年になる3月11日をめどに、水産加工場を再開し、直売所の「相馬報徳庵」をオープンさせる。(高貝丈滋)
 東京電力福島第一原発事故の影響で県内は出漁自粛が続き、相馬市内の加工場もほぼ休止状態にあるため、材料の魚は県外から調達し、復興へ向けた一歩を踏み出す。
 朝市クラブは、相馬市の水産加工場の経営者や全国各地のボランティア約30人でつくられ、津波で工場が被災したセンシン食品経営、高橋永真(ながまさ)さん(52)が理事長を務める。昨年5月から、週末に市の中心部で支援物資を提供したほか、リヤカーで仮設住宅を巡回して野菜などの販売や声かけ訪問を行ってきた。
 東北地方で有数の水揚げを誇る相馬原釜漁港周辺ではヒラメ、マガレイ、ミズタコなどを加工する水産加工会社が25社あったが、津波で被災し、ほとんどが止まったままだ。出漁自粛により、同港の漁船約120隻も現在は稼働していない。
 震災後1年をきっかけに、水産加工場を再稼働させて地元に雇用を生み出そうと、高橋さんらは今年に入り、北海道函館市や松前町、青森県深浦町などの業者に魚を卸してくれるよう要請し、協力を得られることになった。
 加工場は、津波の被害を受けた原釜地区の施設を修理して活用する。直売所は、中小企業基盤整備機構の支援制度を利用して造られた相馬市中村の仮設店舗を使う。
 店舗内は、阪神大震災で被災した経験を持つ朝市クラブの副理事長、石井弘二さん(59)の紹介で、神戸市の大工が工事した。材木は、相馬市と交流のある神奈川県小田原市から寄付された杉を使用した。
 高橋さんは、「水産業の街・相馬を復活させるためにも加工場を再開させるのが第一歩。前へ進んでいきたい」と話している。
(2012年2月29日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/job/news/20120228-OYT8T00456.htm

そして、現在でも、検査のためにとった福島県の水産物の一部から、放射性物質は検出されている。基準値が100ベクレル/kgとなったこともあり、出荷できる範囲をこえた水産物は後を絶たないのである。

福島県産水産物における緊急モニタリング調査結果(2012年4月24日公表分まで)

福島県産水産物における緊急モニタリング調査結果(2012年4月24日公表分まで)

http://wwwcms.pref.fukushima.jp/download/1/housya-soukatu01.pdf

相馬市原釜漁港における津波被災は圧倒的なものであった。しかし、同じく、津波に被災した石巻・女川・気仙沼(これらの地域でも、スムーズに生活復旧が進んでいるとは思わないが)と比較して、生業としての漁業再開が進んでいないのは、原発災害による海洋への放射性物質汚染のためなのである。

石橋克彦氏は、震災と原発災害の同時的被災を「原発震災」とよんだ。この原発震災のありようが、ここ相馬市原釜漁港にあらわれている。震災による被災とともに、原発災害による被災が、この地に重くのしかかっているのである。

Read Full Post »

東日本大震災で、津波被災の現状を撮影した写真・動画をたくさんみかける。でも、なんというか、自分が見た被災地とはどうもしっくりあわない。もちろん、報道においても、私においても、被害地の本当の悲しみ、苦しみなどはわかりようはない。しかし、それでも、なんだろうか……外部からみた場合でも、何か大事なものが落ちているような気がするのである。

例えば、4月9日、私自身が撮影しブログにのせた福島県相馬市松川浦の被災状況について撮影した写真を例にとって考えてみよう。その際、複数の写真を撮影したが、ブログには次の写真しか載せなかった。

相馬市松川浦①

相馬市松川浦①

この写真を載せるのには結構葛藤があったのだが…それにしても、この写真を選択したこと自体、鑑賞者の目を気にした私なりの美意識があっただろう。つまりは、「迫力ある写真」ということで、わざわざ望遠レンズで乗り上げたヨットという点景を撮影したものを被災状況全体を代表する写真としているのだ。

もちろん、一般的に報道の場で流通する写真は、私の写真などより百倍素晴らしい写真である。しかし、その多くは、点景を写した写真に過ぎない。乗り上げた舟、基礎以外流失した家屋は、どこにいっても、それこそ山と存在していた。それぞれが被写体になりうるのである。しかし、むしろ、そのような被写体になりうるものが、万として存在したということ、それが、外部者の視点でも理解できる、津波被災の大きさなのではないか。

そこで、今ならば、私は、相馬市松川浦の被災写真としては、次の写真を選ぶだろう。

相馬市松川浦の被災②

相馬市松川浦の被災②

この写真では、前の写真で中心であったヨットは、あまり目立たない。一方で、ヘドロにまみれた水田、そこに点在する木の根、そして、もはや水田と区別がつかなくなった松川浦が写っている。つまり、点や線ではなく、面なのだ。目路にみえる風景全体が、津波被災地なのだ。津波被害の深刻さとはそういうものだといえる。これをみて、復旧・復興のままならないことを肌で感じた。

少なくとも報道においては、写真で語るとはいかなくても文章において、津波被災の巨大さ、復旧・復興の困難さが語られなくてはならないと思う。しかし、現実には、津波の「点景」にこだわっているのではなかろうか。

むしろ、グーグルの航空写真のほうが、津波被災の巨大さがわかるといえる。

この航空写真でみても、松川浦と水田は区別がつかない。復興・復旧とは、海と陸を分けることから始まるだろう。まるで「天地創造」である。

さらに、被災を受けた地域だけではなく、それほど被災していない地域もあるのだということも理解されなくてはならない。今までの二枚の写真は、国道六号線の相馬バイパスから海側をとった写真であるが、その山側には、このような情景が展開されていた。

相馬市松川浦の景況③

相馬市松川浦の景況③

津波は、大体相馬バイパスでとまった。その山側には、緑の農耕地と津波に被災していない集落が存在していた。あまりのギャップに驚いたのである。

あまりにも容易に注目できることだけではなく、その背後にあるものを想像力でせまること、それが本来報道に求められていることではないかと思う。

次回以降、「その背後にあるものを想像力でせまること」の例として、実際にはほとんど見ていない宮城県とりわけ女川町の被災状況を、統計や被災地図などで考えてみたいと思っている。

Read Full Post »