Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘火災’

美しき土地福島県浜通りを襲ったのが地震・津波・放射線であった。5月15日、山側の常磐自動車道から下りて、海岸線にそっている国道六号線を車で走ってみると、まず目に付くのは、津波の被害である。

いわき市久之浜というところで、海岸線に出た。ここは、厳密にいえば福島第一原発から30km以内であり、一時期は屋内退避圏であったが、4月12日に外された。なお、いわき市の北側の広野町は「緊急時避難準備区域」である。

車から降りて、海岸まで歩いてみた。そこは砂浜で、震災前は海水浴場であったらしい。防潮堤もあったようだが、それを乗り越えて、津波が襲来し、多くの家が被災していた。

いわき市久之浜地区の砂浜

いわき市久之浜地区の砂浜

いわき市久之浜地区の遠望

いわき市久之浜地区の遠望

ここで、写真撮影してきたら、くわえ煙草の老人が話しかけてきた。「ここは、まだ大したことはないよ」と言うのだ。「向こうの方に、海のそばに山がみえるだろう。あの山の麓に津波が襲来し、さらに火事になったんだ。津波が襲来して、家にいたままで流された人もいたと聞いている」と話してくれた。

「ここにも堤防があったんだが、こんなに低いじゃねえ、福島第一原発で15mというでしょう、この辺だって10m以上の津波だった」というのである。

老人は、運送業か漁師かわからないが、昔いろいろなところに仕事で行ったことがあるらしく、夏になったら、三陸のほうに行ってみるつもりだと言っていた。そこで、私も、4月に行った相馬市松川浦周辺では、国道六号線ぞいまで津波が襲来し、松川浦と水田が見分けがつかなくなっていたと述べた。老人は、「国道六号線まで津波が来たのか」と目を丸くしていた。

ここで、私は尋ねた。「ご近所の方ですか」。老人は答えた。「そうだよ。隣の四倉。ここは30km圏内、四倉は32km。今は避難所で暮らしている。家は海沿いにあって、津波で全壊した」とこともなげに話すのである。

どうも、いろいろと東日本大震災のことを目に焼き付けておきたいらしい。いわき市で他に多大な被災にあった場所として、塩屋崎灯台の近くの豊間という集落をあげていた。今はようやく通れるようになったとのことである。いろいろと親切に道順を教えてくれたが、「豊間」という集落自体を知らないので、よくわからなかった(最終的に行き着くことはできたのだが)。

最後に老人は、このように言った。「今朝のラジオで、(いわきの)放射線量が0.25マイクロシーベルトと聞いた。確かに、福島や郡山よりは低い。しかし、長く浴びていたらどうなるか、だれにもわからない」。私は、「そうですね」と言うより他はなかった。

老人と別れを告げて、その勧めにより、久之浜の中心部にいってみた。小さな町場となっていて、沿道の人家は、津波や地震によって壊れていた。ボランティアか業者か自衛隊かはわからないが、白い防護服をきた集団が、復旧作業にあたっていた。よく覚えていないが、ガスマスクもつけていたのではないかな。そのそばで、地元の人たちが、ランニングシャツ姿で、やはり復旧事業にあたっていた。地元と、それ以外の意識の落差が垣間見えていた。

いわき市久之浜地区の焼失跡地

いわき市久之浜地区の焼失跡地

いわき市久之浜地区の焼けた郵便ポスト

いわき市久之浜地区の焼けた郵便ポスト

いわき市久之浜地区への津波被災と防潮堤

いわき市久之浜地区への津波被災と防潮堤

さらに行くと、焼けただれた家屋が目立つようになった。焼けた郵便ポストが目に痛い。、建築物を中心とした瓦礫の山がそこにはある。はるか遠くに見える防潮堤が空しい。

ここ久之浜は、津波だけでなく、火災にも襲われたのだ。町場の津波被災地をこの目で見るのは初めてだ。相馬市周辺のように、広大な面積が津波で一掃されたというのではないが、生活の場を一瞬で破壊されたということは、久之浜のほうが強く感じられる。

ここは、30km圏内で、一時期は屋内退避圏であったことも忘れてはならない。二か月以上たった5月15日時点においても、いまだ瓦礫の撤去が進んでいないのは、そのためだ。前述のように、現在でも人によっては防護服着用で作業している有様である。それ[に、福島県内で、放射線を浴びたと想定される瓦礫をどう扱うかは問題になっている。環境省は、県内に放射性物質を回収できるような装置を設置した焼却処分場をつくるという。しかし、そもそも焼却処分場を一から作るのにもそれなりの時間がかかる。それに、どの自治体が立地を許容するのだろうか。

破壊された四倉港の港湾施設と残置された漁船

破壊された四倉港の港湾施設と残置された漁船

四倉港から船で運び出される漁船

四倉港から船で運び出される漁船

老人の住んでいる、南隣の四倉にもいってみた。確かに、大きな火災にはあっていないようだが、久之浜と同じくらい津波で被災していたと思った。漁港の周囲にはいまだ漁船が置かれている。ただ、瓦礫がまとめておかれていたり、被災した漁船を運び出す船が入港していたり、屋内退避圏ではなかったため、久之浜よりは復旧作業が進んでいた。

老人のいっていた豊間にもいってみた。多少迷ってしまい、次の用事があるので、通り過ぎただけだ。ただ、それでも、町場に瓦礫がまだ散乱していた。

いわき市の河畔

いわき市の河畔

最後に、たぶん「夏井川」だと思うが、いわき市の川べりの写真を掲載する。このように、福島県浜通りは非常に美しい土地なのである。ここに地震、津波(いや火災も)さらに放射線が襲ったのであった。

Read Full Post »