Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘湯気’

福島第一原発の状況が日々悪化している。ネットや新聞などを注視していると、連日、さまざまな方面から異常事態の報告がなされている。このブログでそれらを書いても、すぐに改訂版を出さなくてならないほどだ。しかし、これらの異常事態は大々的にはあまり報道されず、さまざまな異常事態を関連づけて考察するような報道は見られない。東電が出してくる情報をただ流している(それも十分ではなく)という状況なのだ。

前回のブログで、7月18日に3号機から「湯気」が発生しているということを書いた。そのことを東電から報道機関に伝えたメールでは、ホウ酸水注入の用意ができていることも述べられている。ホウ酸水注入は原子炉の臨界を防ぐための手段である。この時点で、東電は「再臨界」も覚悟していたといえる。

報道関係各位一斉メール 2013年

福島第一原子力発電所3号機原子炉建屋5階中央部近傍(機器貯蔵プール側)で湯気らしきものの確認について(続報2)
平成25年7月18日
東京電力株式会社

 本日(7月18日)、3号機原子炉建屋5階中央部近傍(機器貯蔵プール側)より、湯気らしきものが漂っていることを確認したことについての続報です。

 現在(午後1時時点)も湯気らしきものが漂っている状況は継続しております。午後1時のプラント状況について以下のとおり確認するとともに、午後1時15分に未臨界維持を確認しております。
 
 ・原子炉注水、使用済燃料プール冷却   :安定的に継続
 ・モニタリングポスト、連続ダストモニタ :有意な変化なし
 ・圧力容器、格納容器温度        :有意な変化なし
 ・希ガスモニタ             :有意な変化なし
 ・格納容器窒素封入           :有意な変化なし

 また、3号機原子炉建屋使用済燃料プール養生上部の雰囲気線量の測定結果については、毎日作業前に実施している線量測定値と比較して大きな変動はありませんでした。

 なお、未臨界維持を確認しておりますが、念のために、ほう酸水注入については、いつでも開始できる体制を整えております。

 引き続き、状況を注視してまいります。
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2013/1229044_5117.html

そして、7月27日の東京新聞朝刊は、3号機の湯気が、単に雨水が加熱されて蒸発されただけではなく、原子炉格納容器内部に注入された窒素がもれ、それとともに外に出た水蒸気に起因する可能性があることを報道した。次に掲げておく。

湯気 格納容器から漏出 福島第一3号機 上部損傷?注入窒素も外へ

2013年7月27日 朝刊

 東京電力福島第一原発3号機の原子炉建屋五階から発生する湯気は、雨水の蒸発だけではなく、格納容器内の水蒸気が外部に漏れたものである可能性が高いことが分かった。
 格納容器には、爆発の危険がある水素を内部から追い出すため、窒素が継続的に注入されている。東電が窒素の注入量と回収量を調べたところ、回収量の方が一時間当たり三立方メートル少ないことが分かった。
 事故発生当初、格納容器内は長時間、高温高圧にさらされ、容器上部のふた周辺部が損傷している可能性がある。
 窒素注入による勢いに押され、格納容器内にこもる水蒸気が容器外に漏れている可能性が高いという。
 格納容器内はおびただしい放射線量とみられるが、容器内から回収した気体に含まれていた水の放射性セシウム濃度は一ミリリットル当たり九〇ベクレルと意外なほど低い値だった。
 東電は当初、建屋五階からしたたり落ちた雨水が、四〇度前後の熱がある格納容器のふたに触れて、水蒸気になり、冷たい空気によって湯気が発生したと説明していた。
 格納容器内からの漏出について、東電の今泉典之原子力・立地本部長代理は「福島第一からの放射性物質の放出量を継続的に見直しているが、その量に影響していない」と、放出量は少ないとの見方を示している。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013072702000118.html

この報道は著しくわかりにくい。雨水の蒸発による水蒸気と格納容器内部の水蒸気と、原因が両論併記されている。ただ、格納容器内部に注入された窒素が外部に漏れていることは確実である。つまり、格納容器はもはやその内部の物質を封じ込めることができなくなっているのである。そして、もし雨水もまた湯気発生の原因であるならば、格納容器自体も熱を帯びるようになっているのである。

さらに、2011年4月当時に2号機から漏れ出した1リットル当たり23億bqの汚染水が地下の配管用トンネルであるトレンチにたまっていることが27日に東電より公表された。

福島第1原発:汚染水流出 トレンチで23億ベクレル 震災直後と同水準、「漏えい源」強まる
毎日新聞 2013年07月27日 東京夕刊

 福島第1原発の敷地内から海へ放射性物質を含む地下水が流出している問題で、東京電力は27日、汚染水の漏えい源とみられる敷地海側のトレンチ(地下の配管用トンネル)にたまっている水から、1リットル当たり23億5000万ベクレルの高濃度で放射性セシウムを検出したと発表した。

 放射性セシウムの内訳は、放射性物質の量が半分になる「半減期」が約2年のセシウム134が1リットル当たり7億5000万ベクレル、約30年のセシウム137が同16億ベクレルだった。またストロンチウムなどが出す放射線の一種のベータ線測定から算出した放射性物質は、同7億5000万ベクレルだった。

 同原発2号機で原発事故直後の2011年4月に、取水口付近などで高濃度汚染水が漏れ、その際1リットル当たり36億ベクレルの放射性セシウムが検出されている。トレンチには、その際の汚染水が滞留し、海への漏えい源の疑いがあるため、東電が調査した。東電はトレンチ内の汚染水について、9月から浄化作業を始める予定としている。【野田武】
http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20130727dde001040029000c.html

これは、最近判明した、2号機周辺の地下水が汚染され、海洋に流出しているということと関連しているかどうかはっきりしない。いずれにしても、最早2年も経過しているのに、調査すらしていなかったことになる。そして、東電は9月から浄化作業にかかるといっている。準備に時間がかかることは理解できるし、あまりに不備な状態で作業にかかると無用の被曝を招くだけだが、悠長なことである。

そして、ややさかのぼるが、7月25日には、6号機の原子炉冷却が一時停止されたことが報じられた。朝日新聞のネット配信記事をみておこう。

2013年7月25日13時13分

福島第一6号機、原子炉冷却が一時停止 電気系統が故障

 東京電力は25日、福島第一原発6号機で原子炉の冷却が電気系統のトラブルで一時停止したと発表した。約2時間後に復旧し、周辺の放射線測定値などに異常はないという。

 東電によると、25日午前10時20分ごろ、6号機の非常用ディーゼル発電機の起動試験をしていたところ、原子炉の冷却システムが停止した。復旧し冷却を再開したのは午後0時6分。原因を調べている。

 6号機の原子炉内には764体の燃料集合体が入っている。冷却の一時停止で原子炉の水温は0・5度上昇し、27・6度だった。

 使用済み核燃料プールの冷却は別システムで稼働は継続していた。

 原子力規制委員会は「冷温停止状態は維持されているので安全上問題となるものではない」としている。
http://www.asahi.com/national/update/0725/TKY201307250095.html

2号機周辺の地下水汚染とそれによる海洋汚染、3号機の「湯気発生」、2号機周辺のトレンチにおける高濃度汚染水滞留の発覚、6号機の原子炉冷却の一時停止と、さまざまな異常事態が現在の福島第一原発ではおきている。参院選を考慮して公表を遅らしたものもあることを考えても、ひどい状況である。それぞれに、東電は「影響は小さい」などととコメントしている。そのこと自体疑わざるをえない。他方で、もし、そうだとしても、これほど立て続けに異常事態が頻発していて、福島第一原発全体の管理は大丈夫かとも思う。そして、単に事故が起きないように管理しているだけではすまないはずである。廃炉作業を進めていかなくてはならないのである。東京電力の当事者能力の有無を疑わざるをえない。さらに、東電は、2012年7月31日に原子力損害賠償支援機構が50%余の株式を取得し、そのことによって実質的に国有化された。その意味で、東電の失敗は、国の責任でもある。

広告

Read Full Post »

福島第一原発は、日々荒廃の度を深めていっているようにみえる。本ブログでも紹介しているように、本年5月以来、福島第一原発周辺の地下水が汚染されていることが発覚し、さらにその汚染された地下水が海洋に流れ込んでいることを東電も認めざるをえなくなっている。

また、最近、報道されているのは、3号機から湯気が出ていることである。まず、7月18日に湯気が確認され、即日報道された。ここでは、毎日新聞のそれをみておこう。

福島第1原発:3号機、建屋から湯気 原因は不明
毎日新聞 2013年07月18日 東京夕刊

 東京電力は18日午前、福島第1原発3号機の原子炉建屋5階から湯気のようなものが上がっているのを確認したと発表した。原子炉の温度や周囲の放射線量などに変化はなく、東電は「原因は不明」として確認作業を続けている。

 このフロアには使用済み核燃料プールがあるが、注水は継続され安定的に冷却できているという。【八田浩輔】
http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20130718dde041040065000c.html

そして、湯気は7月23日にも確認された。そして、この湯気周辺では、毎時最大2170mSvの放射線量が検出されたという。次にかかげる東京新聞の報道をみてほしい。

湯気発生の3号機5階 最大2170ミリシーベルト計測 福島第一

2013年7月24日 朝刊

 東京電力は二十三日、福島第一原発3号機の原子炉建屋五階で湯気が発生した場所の周辺で、最大毎時二一七〇ミリシーベルトを計測したと発表した。人が数時間もいれば確実に死亡する高い線量。3号機はこれまでも放射線量が高く、事故収束作業の足を引っ張ってきたが、あらためて汚染度のひどさが明らかになった。
 3号機原子炉建屋五階では十八と二十三の両日、格納容器の上部と機器貯蔵プール境目付近で、湯気の発生が確認された。
 東電は、クレーンで建屋上部から線量計をつるし、湯気の発生場所近くの二十五カ所で放射線量を計測。毎時一三七~二一七〇ミリシーベルトを計測した。湯気が出た直近の場所では五六二ミリシーベルトだった。
 東電は、湯気の原因を、雨水が熱を持った格納容器のふたに触れて蒸発したとみているが、原子力規制委員会が詳細な調査を指示していた。
 3号機ではこれまで、格納容器近くの床で毎時四七八〇ミリシーベルトを計測するなど現場の高線量が作業の障壁となっている。
 水素爆発による建屋上部のがれきはほぼ片付けられたが、最上階の五階に近づくほど線量が高い状態。作業員は放射線を遮る重いタングステン板入りのベストを装備して作業に当たる。それでも一人が現場で作業できる時間はわずかしかない。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013072402000123.html

この報道によると、この線量は、人が数時間いれば確実に死に至るとしている。元々3号機では放射線量が高く、作業が進まなかったようである。3号機は、人間のコントロールが十分及ばないといえる。そして、この報道では、この湯気は、雨水が熱をもった格納容器にふれて発生していると東電はみているとしている。つまり、湯気が出るくらい、いまだ3号機の格納容器は「熱い」のだ。

そして、人の手が及ばないことを示すかのように、24日にも湯気発生が確認された。読売新聞の報道をみてみよう。

福島第一3号機で再び「湯気」発生

特集 福島原発
 東京電力は23日、福島第一原子力発電所3号機の原子炉建屋5階から一時、湯気のようなものが発生し、その場所で毎時562ミリ・シーベルトの放射線を観測したと発表した。

 周辺の24か所も計測したところ、同137~2170ミリ・シーベルトだった。原子力規制庁は、線量が高いことから、詳細な調査を行うよう東電に指示した。

 東電によると、湯気のようなものは午前9時過ぎに作業員が確認し、午後2時半頃までに消えた。18日にも発生しており、東電が原因を調べている。

(2013年7月24日00時51分 読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130724-OYT1T00093.htm?from=ylist

野田内閣は2011年末に収束宣言を出したが、事態はまったく収束にはいたっていない。高い放射線量のため、原発には手をつけることができないのだ。そして、東電が推測するように、雨水が格納容器に接触して湯気が出たとするならば、①原子炉は現状において雨水がもれてくるほど密閉性が保たれていない、②原子炉は結局のところ雨ざらしになっている、③原子炉を囲んでいる格納容器はいまだ湯気が出るほど熱をもっている、ということになるだろう。

18日の「湯気発生」について、東電は「原子炉の温度や周囲の放射線量などに変化はなく」としていた。このことをまともに受け取ることはできないが、もし、そうだとするなら、それもそれで問題であろう。原子炉建屋が壊れて原子炉が外気に露出してそこに雨漏りし、その格納容器が「湯気」が出るほど熱く、人が立ち入れば数時間で確実に死に至るほどの高線量が検出されている、そういう状況は、「湯気」の有無にかかわらず、「変化」はないということになるのである。今、福島第一原発問題についての「世論」の「風化」が取り沙汰されている。その一方で、福島第一原発は、根本的な事態解消の方策が示されないまま、むしろ、時間がたつにつき、物理的な風化作用をうけ、より荒廃の度を増しているようにみえるのである。

Read Full Post »