Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘歴史学方法論’

歴史研究者の会である東京歴史科学研究会の大会が下記のように5月28日(土)・29日(日)に開かれる。私も、29日に「自由民権期の都市東京における貧困者救済問題―貧困者の差別と排除をめぐって―」というテーマで大会報告を行うことになっている。

この大会は、本来4月に開催されることになっていたが、震災と計画停電のために、一か月開催が延期された。

私のテーマは、三新法で生まれた地方議会が、減税や民業圧迫さらには惰民論などを主張して、当時の貧困者救済機関であった東京府病院や養育院の地方税支弁を中止させ、民間に事業を委託していったということである。これは、日本において初めて自由主義が主張された時代を対象としているが、現代において新自由主義が主張される歴史的前提となったと考えている。

しかし、震災・原発事故・計画停電にゆれた3月頃、このような報告をしていいのかと真剣に思い悩んだ。ある意味、ブログで「東日本大震災の歴史的位置」という記事を書き出したのは、そういう思いもあった。

今は、逆に、今だからこそ、深く考えるべきことだと思っている。東日本大震災は、大量の失業者を生んだ。その意味で、一時的でも、雇用保険や生活保護にたより、地域の復興にしたがって、だんだんと雇用を回復していくべきだと思う。そうしないと、被災地域から、どんどん人が流失してしまうだろう。にもかかわらず、マスコミは、「雇用不安」をあおるだけで、生活保護などには言及しない。そして、新聞記事などをみていると、厚生労働省などは、生活保護をより制限することを検討しているようだ。

復興についても、声高に増税反対が叫ばれている。財源があればいいのかもしれないが、聞いている限り、まともな財源ではない。このままだと、関東大震災の復興の際、後藤新平のたてた計画案を大幅に帝国議会が削減したことが再現されてしまうのかもしれない。

もちろん、このようなことは直接報告できない。しかし、今の現状も踏まえつつ、議論できたらよいかと思っている。

とりあえず、ブログでも通知させてもらうことにした。

【第45回大会・総会】開催のお知らせ〔5月28日(土)・29日(日)〕
【東京歴史科学研究会 第45回大会・総会】

●第1日目 2011年5月28日(土)
《個別報告》 13:00~(開場12:30)
•佐藤雄基「日本中世における本所裁判権の形成―高野山領荘園を中心にして―」
•望月良親「町役人の系譜―近世前期甲府町年寄坂田家の場合―(仮)」
•加藤圭木「植民地期朝鮮における港湾「開発」と漁村―一九三〇年代の咸北羅津―」
個別報告レジュメ(報告要旨)
準備報告会日程

●第2日目 2011年5月29日(日)
《総会》 10:00~(開場9:30)
《委員会企画》 13:00~(開場12:30)
■「自己責任」・「差別と排除」、そして「共同性」―歴史学から考える―
•中嶋久人「自由民権期の都市東京における貧困者救済問題―貧困者の差別と排除をめぐって―」
•及川英二郎「戦後初期の生活協同組合と文化運動―貧困と部品化に抗して―」
•コメント 佐々木啓
委員会企画レジュメ(報告要旨)
準備報告会日程
【会場】立教大学池袋キャンパス マキム館M301号室
(池袋駅西口より徒歩7分/地下鉄C3出口から徒歩2分)
http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction/

【参加費】600円

広告

Read Full Post »

湯の岳PAからみた常磐自動車道

湯の岳PAからみた常磐自動車道

湯の岳と湯の岳PA

湯の岳と湯の岳PA

「電気の要らない自動ドア」のある無人トイレ

「電気の要らない自動ドア」のある無人トイレ

湯の岳PAで咲く藤

湯の岳PAで咲く藤

湯の岳PAに咲く山吹

湯の岳PAに咲く山吹

少しでも福島県浜通りをみておこうと思って、昨日5月15日、常磐自動車道を経由して、いわき市周辺にいった。常磐自動車道は、前よく自治体史編さんで通った道である。茨城県東海村あたりまでは関東平野を行き、日立市周辺で山地に登って、たくさんのトンネル群を抜ける。このトンネル群を通過すると、いわゆる高原状の土地を常磐自動車道は通っている。

トンネル群をぬけて驚いた。こんなに緑の濃い土地であったとは、記憶していなかったのである。西側が山地で、東側は海だが、あまり海はみえない。まさに緑の大地である。

常磐自動車道には、震災の爪痕はそれほどみえない。必死に修復したのであろう。時々、路面が凸凹になっており、高速で走行するとかなりゆれるが、それくらいである。このような道が、浜通りの南側のいわき市周辺まで続いている。

途中、湯ノ岳パーキングエリアで休憩をとった。無人のパーキングエリアで、トイレと飲料の自動販売機しかなく、ここで食料を買い足そうと思ったので、多少困った。ただ、トイレが「電気の要らない自動ドア」であったことは笑えた。

それにしても、周囲の美しさは筆舌に尽くしがたい。写真をここで掲載するが、とても、あの緑の美しさは再現できなかった。藤や山吹が花盛りであった。

何も、湯ノ岳パーキングエリアだけではない。日立市以北の常磐自動車道は、ずっとこうなのである。まさか走行中に写真をとるわけにいかないので、湯ノ岳パーキングエリアで紹介しているだけだ。そう、福島県浜通りは、美しい土地なのだ。しかし、いまや、その多くの土地に立ち入ることはできない。

追憶によれば、この常磐自動車道を抜けると、国道六号線か平行する県道三五号線を使って、北に向かう。丘陵地には緑の濃い山林が広がり、その間の小河川沿いには水田が広がる。富岡町・浪江町といった小さな町をいくつか通過する。国道六号線を使えば、その道沿いに、東電広野火力発電所、福島第二原子力発電所、福島第一原子力発電所の入口が並んでいる。

2007年の双葉ばら園(ホームページより)

2007年の双葉ばら園(ホームページより)

一方、より山側の県道三五号線をいくと、「双葉ばら園」というばら園があった。ばらが好きだったので、十年ほど前に二度ほどいったことがあるが、いつも花盛りの頃は外れていていた。同園のホームページをみると、あれからかなり整備されたらしい。しかし、しばらくは、このばら園のばらをみることはできないだろう。

そして、国道にせよ、県道にせよ、北上すると、当時の原町市、現在の南相馬市に達する。そこは、相馬野馬追祭場が所在する台地であった。

富岡町夜の森公園(富岡町ホームページより)

富岡町夜の森公園(富岡町ホームページより)

十年前は、いつも先をせいていて、途中の場所によることはほとんど考えなかった。それこそ「双葉ばら園」くらいである。火発も、原発もわざわざおりて見学しようともしなかった。また、富岡町には「夜の森公園」という名所があるが、そこもみていない。そのことへの悔いは、私の中にある。

ブログで、福島第一原発、福島第二原発のことを書いているのだが、私自身が覚えていることは雰囲気だけである。それすらもあやふやで、あれほど緑の美しい土地であったことすら、今回いって再認識したくらいである。

いわき市あたりで、ちょっと浜通りをのぞき、その美しさを再認識しただけであるが…。避難を余儀なくされた人々は心苦しいであろう。あれほどの美しい土地から強制的に出ざるを得なかった人々がそこにはいるのだ。それは、今までの生活の場をすべて失ってしまうということでもある。もちろん、生活の場をすべて失ってしまうことのほうが、重大である。しかし、「美しい土地」への哀惜の念もそこにはあろう。

そればかりではない。東京に電源を供給していた福島第一原発の事故によって、東京ではなく福島浜通りの人々が生活を根こぎにされてしまった。そのことが胸に痛い。

今の所、しばらくは、圏外に残されている資料を通じてしか、浜通り中心部はアクセスできない土地である。そのような営為は、現状を認識しつつ、資料を使って事態を再現するトレーニングを受けた歴史研究者の責務であろうとも思う。そして、それは…それ自体残念なことだが、現地での資料収集(浜通りだけでなく福島市でもということであるが)が難しい。文献へのアクセスが比較的容易な、東京だから今できることでもあろう。

さて、次は、この美しい土地浜通りに襲った地震・津波・放射線の爪痕について、現状をみていこう。

Read Full Post »

とりあえず、まず、初めて震災を伝えた『朝日新聞』3月12日朝刊をみておこう。この新聞は特別紙面となっていて20面と通常より少ない紙面となっている。
第一面は、「東日本大震災 M8.8 世界最大級津波 震度7 死者・不明850人超」という記事が大きな活字の見出しで掲載され、ヘリコプターで撮影された津波で被災した福島県いわき市の写真と、東日本全体の地図で表示された「各地の主な震度」が掲載された。これは、震災の「全体」を、まさに外部から見下ろした形で把握しようとしたものといえる。外部からみた視点による「全体」を把握しようという動きは、第二面が「津波にのまれ町炎上」(炎上する気仙沼市内の写真添付)・「政府、補正予算を検討」、第三面が「断層600キロ破壊か」・「津波速度 ジェット機並み」という記事にも受け継がれている。そして、第三面の常設社説欄では「東日本大震災 国をあげて救命・救援を」という社説が出され、「政府は今こそ国民を守れ」というスローガンのもとに、「まずは、首相や閣僚が国会対応に手をとられずに、対策に専念できる環境をつくることだ。経済や社会の動揺を抑えなければならない。今後必要になるだろう補正予算への対応も含めて、各党が協力することが、大災害を乗り切る力になる」と主張した。そして、次の第四面の政治・政策面で「地震対応 与野党急ぐ」という記事が掲載され、「自・公『全面的に協力』」とされた。同面には「統一選一部延期を検討」や阪神大震災時の官房副長官石原信雄の談話である「人命最優先 挙国一致で」という記事も掲載された。見事に外部からの視点で震災の「全体」を描き、それに対処するために「われわれ」の団結を計ろうとすることが、紙面から演出されているといえる。この外部からの視点は、第六面の国際面の「ツナミ 世界が速報」にも受け継がれている。この時期(現在でもだが)リビア情勢が深刻な局面を迎えていたが、それよりも世界各国での震災報道の方に力点が置かれていた。次の第七面の経済面でも「産業・物流大打撃」・「東証急落 179円安」という、震災が日本経済全体に与えた影響が報道されている。ここまで、外部からの視点で全体を報道し、いわば国難に対処するという形で、政治休戦も含めた「われわれ」-国民の団結をはかるという志向が、『朝日新聞』の紙面構成に表出していたといえる。
 一方、原発報道についてはどうであろうか。第一面には、あまり大きくない形で「福島原発、放射能放出も」という記事が掲載された。この記事は、福島原発1・2号機が、炉心の緊急停止はしたものの、停電で緊急冷却装置が作動せず、原子炉格納容器の圧力を下げるために内部の放射能を含む蒸気を外部に放出することを検討せざるをえなくなったとして、「原子力緊急事態宣言」を発令したというものである。このことについては、第五面で詳しく伝えている。「原発 想定外の事態 空だき防ぐECCS動かず」という記事が掲載されている。この記事は、全体を提示したともいえず、とにかく起こっている事態のみの説明に終始している印象がある。後の経過でいえば、3・4号機も事故に向かっていくのだが、そのことに特に言及していない。一方、後に述べるように、当事者たちの経験など細部を叙述するという語りの手法があるが、そのようなことも行われない。そして、編集委員竹内敬二の論説「地震国と原発 どう共存するのか」が掲載されている。これは「地震国日本でどこまで原発を増やすのか、原発の安全は確保できるのかという『振り出しに戻る議論』が必要だろう」と主張したもので、原発政策に対する批判的見方といえる。社説とかなり位相が異なっているといえよう。
さて、後半の紙面をみていこう。第一一面のスポーツ面にも、プロ野球オープン戦やJリーグが中止になったことや、リンク・射撃場が被害にあったことが出されている。第一四面の東京面では、「都内で死者三人 震度5強、帰宅の足大混乱 鉄道運休、駅に人波」という記事が出されている。ここで、ようやく、全体を見通す外部からの視点に基づいた記事ではなく、当事者の経験を含む事件の内部からの視点で細部を描く記事をみることができる。掲載されている写真も、高みからみた鳥瞰的なものではなく、倒壊したスーパーマーケット駐車場、渋谷駅のハチ公口で高層ビルを見上げる人々、さらにJR運転見合わせになり駅前にあふれる人々が、当事者の目線ー成田さんは虫瞰とよんでいるーで撮影されている。その意味で、当事者の視点がまず示されているといえる。しかし、確かに、東京の人々も「被災経験」を蒙ったといえるが、今になって考えると、それは外部からみた全体的認識と見合ったものだろうかと思えるのだ。
そして、第一五面・第一六面は、ほぼ東日本大震災の写真が掲載されている。それぞれ4枚ずつ、8枚の写真が掲載されている。高みからみた鳥瞰的写真、当事者の目線で撮影した虫瞰的写真がそれぞれ配置されている。しかし、このうち5枚が関東地域の写真で、3枚のみが東北の写真である。もちろん、関東地域もかなりの被害を蒙ってはいるが、東北地域とは被害の規模が違うといえる。
次の第一七面の社会面では、「帰宅難民 不安な夜 駅前・道路・あふれる人」とあり、写真も含めて、東京地域で鉄道の停止により帰宅できなかった人々のことが虫瞰的に描かれている。まさに、それぞれの当事者体験がここでは出されているが、第一四面などと同様に、「全体」で描き出された規模と、それぞれの当事者体験が見合っていないという感じを受けるのである。
第一八面の社会面では、「激震 インフラ寸断」では、再び、東北・関東を通した震災被害の全体を展望しようとする記事が掲載されているが、ここでも掲載写真3枚のうち2枚は関東地域のものである。さすがに次の第一九面の社会面は、全体として東北地域の津波被害を扱う「大波 人・家さらう」という記事が掲載され、仙台市若林区・相馬市・いわき市などにおける被災した当事者たちの体験が語られている。
しかし、最後の第二〇面、スポーツ新聞ならば裏一面として重視される面では、またもや関東地域重視の報道となっている。この第二〇面は、全体が「家族は 仲間は」と題され、右側に「避難時は防寒対策を 余震に注意」という記事が、左側に「自治体などの連絡先」が掲載されている。この「自治体などの連絡先」は、ほぼ関東地方しか掲載されていないのである。もちろん、東北地方の『朝日新聞』は別の掲載をしているのかもしれない。
今になってみると、あまりにも関東地方を重視した報道の仕方に思える。もちろん、この新聞の作成時に東北地方固有の情報が入手しえなかったことに一因があるだろう。しかし、もう一つに、東北地方の情報が入らないにもかかわらず、「震度7」の巨大地震という全体の細部を叙述するにあたり、多くは関東地方ー首都圏の住民であろう朝日新聞記者の当事者体験に基づいて記述するしかなかったということに起因していると思える。成田さんは、関東大震災では、東京自体の新聞社が壊滅的な被害を蒙ったため、阪神地域を中心とする東京外部の新聞により、外部の視点から全体を描くことがなされ、復活した東京の新聞は、その外部で出来上がった全体認識を前提として「内部」から描きだそうと試み、両者が相互に補完していると述べている。しかし、今回の場合、東京は「外部」なのか「内部」なのか。実は、かなり微妙である。全く被害を受けていないとはいえない。多くの人が「帰宅難民」「停電」などを経験した。しかし、それは、東北の被災地のように苛烈な経験とはいえまい。にもかかわらず、記者たちは、震災全体の埋めらるべき細部として、確かに印象深くはあるが、苛烈とはいえない自身の体験に基づいて取材し、記事を書かざるを得なかったといえないだろうか。
「外部」の視点からみて今回の震災全体は「大事件」である。しかし、首都圏の多くの人々の体験は、実際のところ個人で対処可能な程度のものであった。しかし、ここで、そのような体験が国民全体の危機として認識されていったのではないか。首都圏の場合、個々のささやかな困難に対する、危機感の過剰、被災意識のインフレというものが起きたといえないだろうか。
まあ、このようなことは、東北地方の被害の実情が理解されれば、本来薄まり、東北地方を中心として、関東大震災と同じような「われわれ」の共同性を打ち出すような語りになっていったのかもしれない。その時、東京は、全体としては非当事者として「外部」に位置付けられていったのかもしれない。すでに3月12日の夕刊では、そのような兆候がみられる。この夕刊は、12面で構成されているが、第一面は「東北沿岸 壊滅的 陸前高田や相馬、街全体が水没」という記事がトップ記事である。第二面・第三面は東北地方の被害状況写真であり、第四面・第五面は東北地方全体の被害状況を展望している。そして第一〇面・第一一面は、津波におそわれた東北地方の状況を「内部」の当事者の視点もまじえながら描いている。首都圏のことは第九面で「徹夜難民 重い足 区役所で一夜、駅は大混雑」という記事が掲載されている程度であり、それも長野の震度6の地震報道と抱き合わせである。この程度が妥当かと思える。
しかし、事態は、そのような形での推移を許さなかった。すでに、夕刊の最終面である第二〇面では「放射能放出 5万人避難 福島第一原発 1号機、燃料棒露出 第二原発も緊急事態宣言」という記事が掲載され、原発事故の悪化が伝えられていた。そして、避難指示が出され、「10キロ圏外へ避難急ぐ 『とにかく西へ』焦り」と報道されていた。そして、この面の最後の部分には「発電機の作動ができなくなったのは、津波による海水が原因だった場合、津波被害を防ぐ想定が妥当だったのかどうか問われることになる」と書かれており、東京電力・政府に対する批判的見方が打ち出されていた。原発報道が、これまでのような震災報道のあり方を今後揺さぶっていくことになる。

Read Full Post »

さて、もう少し丁寧に、過去の大震災報道を扱った研究も視野に入れながら、東日本大震災(将来的には東北関東大震災となるかもしれないが)に対する『朝日新聞』報道について検討してみよう。近代史研究者の成田龍一さんには「関東大震災のメタヒストリーー報道・哀話・美談―」(『思想』866号初出、1996年。『近代都市空間の文化経験』再録、2003年)という研究がある。この中で、成田さんは、関東大震災が「われわれ」の体験として語られていくという見込みの中で、まず、報道が鳥瞰的視点・虫瞰的視点を駆使しつつ「全体」を創出し、そして哀話と美談という語りによって「全体」が当事者をまきこんで共有していくと述べている。

成田さんの見方は、今の『朝日新聞』報道をみるにも参考になる。ベネディクト・アンダーソンは、出版資本主義が、読者共同体ともいうべき「想像の共同体」(これが成田さんのいう「われわれ」である)を創出し、ナショナリズムの一つの源流になったと論じている。大規模な出版(新聞のような)は、確かに意識を共有する読者共同体を創出するだろう。しかし、今の『朝日新聞』報道は、単一の「われわれ」を創出しているのだろうか。

すでに、『朝日新聞』の表裏一面のトップ記事について、被災地報道と原発事故報道との間に不協和音を示しているのではないかと指摘しておいた。確かに『朝日新聞』の読者は、両方の記事を見ることになるだろう。しかし、それは単一の「われわれ」意識を創出しているのであろうか。

あまり、新聞などに出てこないが、テレビなどをみていると、被災者側から福島原発報道について冷やかな声が聞こえてくる。また、被災地でもあり福島原発事故で大きな被害を蒙った地域の人々からは、原発報道についての不満が出てきている。地域の危機的な状況は伝えるが、好転した状況はあまり報道せず、風評被害が拡大しているというのである。

被災地報道と原発事故報道、それはまったく創出すべき「われわれ」のターゲットが異なっており、そして、紙面の状況では両者は融合せず、むしろ食い合いを演じているのではなかろうか。

まあ、そのような方法的考察を前提として、『朝日新聞』報道を丁寧にみていくことにしたい。

Read Full Post »

日比谷公園心字池(2011年2月23日撮影)

日比谷公園心字池(2011年2月23日撮影)

今回から、しばらく江戸―東京の通史を語っていきたい。まず、なぜそのようなことをするのかを述べておこう。現在の東京は、江戸という歴史的過去の上に成立している。いや、むしろ、過去は、現在の東京の骨組みをなしているのだ。例えば、日比谷公園をみてみよう。
まず、日比谷公園のこの写真をみてみよう。この写真は、日比谷公園の東北部にある心字池を写したものである。この池は、日比谷見付(門)から続く江戸城の堀をもとにしたもので、江戸城の石垣も残っている。今や、都心のいわゆるオアシスである。
しかし、なぜ、ここに日比谷公園が作られたのであろうか。実は、ここは、近世以前においては海であり、日比谷入江と呼ばれていた。大体、丸の内・日比谷一帯は日比谷入江なのであるが、日比谷公園のあたりは日比谷入江の中心であった。近世において日比谷入江は、排水路であり運河でもあった堀を除いて埋め立てられ、規模の大きな大名屋敷が建築された。日比谷公園のあたりも大名屋敷となった。近代になって、大名屋敷が必要なくなると、市区改正計画や官庁建設計画によって、大名屋敷跡地には官庁やビジネスビルが建てられていく。ただ、日比谷公園の地は、日比谷入江の中心の低湿地で、地盤が軟弱のため、近代建築を建てることができなかったのである。そのため、日比谷は公園にされ、日比谷見付の堀と石垣が心字池とされたのである。
このように、現代の東京の都市景観の枠組みは、近世以前にすら遡る歴史的過去によって構成されている。そして、このことは、今後の都市東京の未来をも拘束しているといえるのである。
私たちは、現在さらに未来の都市東京を考えるにあたって、過去をみなくてはならない。例えば、今までみてきた築地・雑司が谷・愛宕山でも、歴史的過去は、現在のありようを規定していた。これから、時間軸にそいながら、現代の東京を規定する江戸という歴史的過去をみていきたい。

Read Full Post »

国家権力をめぐる政治闘争とは相対的に別個のものである紛争をどのようにとらえていくか。安丸良夫氏・牧原憲夫氏・鶴巻孝雄氏・稲田雅洋氏らの民衆運動研究は、政治運動である自由民権運動とは相対的に自立した民衆運動を描き出しており、その論理を「生活者」の論理として指摘している。それは、非常に重要な指摘といえる。
しかし、一方で、民衆自体に内在する「権力」関係については、十分描いているとはいえない。単に、傲慢な政治運動の指導のみで権力に取り込まれているとはいえないであろう。そのような、いわゆる生活の場における力関係の動向を分析する方法論が必要となろう。
多少、手前勝手な主張になるが、私が関与していたアジア民衆史研究会の2006年度大会では、「死をめぐるポリティクス」をテーマとして「ポリティクス」論を提唱しており、国家権力とは相対的に自立した生活の場における力関係を検討する方法論を提起しているといえる。この問題提起(佐野智規文責)では、「近世・近代移行期においては、『終極的には』国民国家の権力装置とそのイデオロギーがヘゲモニーを握る、それは概ね確かなことだと言えるだろう」と述べている。しかし、それを前提としながらも、「ここで検討したいのは、『終極』のやや手前の空間、死という出来事によって出現した、さまざまな力の接触と闘争の空間である。この空間への介入は複数の位相からやって来るため(死者の近親者という位相、所属していた地域、職業、信仰などの諸集団等)、『終極的には』支配的イデオロギーの主導の下に序列が形成されるとは言え、子細に観察すればその複雑かつ屈折したヘゲモニー闘争のダイナミズムを明らかにすることが出来るのではないか、そのような微細な闘争の集積はどこへ行くのか」と主張している。国家のヘゲモニーの下で行われる、複数の位相から行われる介入と、それによって展開される微細な諸闘争を検討することーこれが「ポリティクス」論の中で含意はされているといえよう。
もちろん、これは、抽象的な提起に過ぎず、具体的なものではない。しかし、国家のヘゲモニーの下で行われる微細な諸闘争をまず検討するための認識枠組みになりえると考えている。

参考:『アジア民衆史研究』第12集

Read Full Post »