Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘松川浦’

4月25日、相馬市の原釜漁港にまわってみた。原釜漁港は松川浦に所在する三つの漁港(磯部・松川浦・原釜)の一つである。 googleマップでみると、磯部漁港は松川浦の奥で、最も南に位置している。松川浦漁港は松川浦の入り口でその内側であり、原釜漁港は松川浦の入り口で外海に面している。この原釜漁港を中心とする松川浦漁港は、東北でも有数の水揚げを誇る漁港であった。

原釜は、太平洋に直接面しているため、東日本大震災による津波の直撃を受けたところである。今、その映像が残されている。たぶん、原釜漁港のそばの高台から撮影されているのだろう。写っている建物は相馬原釜地方卸売市場である。かなり長い動画であるが、津波の経緯がよくわかる。最初は、それほど高い津波ではないが、しだいに高まり、堤防をこえ、相馬原釜地方卸売市場を襲った。少なくとも二階部分までは水没したようである。相馬市の津波高は、最終的には9mを超えていたようである。

なお、この動画では、最初のところで撮影者たちの事態を楽観していた声が収録されているが、その後、このようなことを付記してyoutubeにアップされている。

この映像を見るのは私自身正直つらく、けして表に出すものではないと思っていました。
逃げ惑う人、津波に飲み込まれる船、あんなに絶対絶命の状況でも必死に生きようとしている人達の姿を、遠い所からただ撮影してることしかできなかった自分にものすごく嫌悪­感があったからです。また、津波を目の前で見た人にしか分からない恐怖感が甦ってくると思ったから。
しかし、震災から半年がたった今、この映像を今後の教訓にできる様に、資料として使って頂くのが最良だと感じる様になりました。
地震大国日本にいる私たちは、常にこの映像と隣り合わせだということを、観た方たちには本当に感じていただきたいと思います。
そして、今後このような災害に見舞われた時に、冷静な判断で少しでも多くの命が助かることを祈ります。

サイト「東日本大震災(地震、津波)被害状況専門サイト」による、2012年4月12日時点の被害状況は、次の通りである。

2012/4/12時点の相馬市の被害状況※ 福島県,復興庁HPのデータより
死者数:458
行方不明者数:0
県内第1次,2次避難所在住者数:0
住宅、建物被害(全壊数+半壊数):1791
仮設住宅建設戸数:1500 (完成度100%)
仮設住宅建設箇所数(団地数):13
※ 6/17:仮設住宅への入居等が完了し全避難所が閉鎖。
※ 仮設住宅一覧はこちらのページ

2012/4/9時点の災害廃棄物(震災がれき)処理状況 ※環境省公表資料より

がれき推計量:25万4千トン
※ うち建物解体に伴うがれき発生推計量:2万3千トン

解体を除いたがれき推計量に対する撤去率:100%
解体を含んだがれき推計量に対する撤去率:97%
※ 撤去は仮置き場への搬入のことです。

処理・処分量:1万6千トン
処理・処分割合:6.5%
※ 破砕・選別等により有価売却、原燃料利用、焼却やセメント焼成、
  埋立処分等により処理・処分された量。

http://ranasite.net/?p=1478#Higai

その跡を写したのが、この動画である。ただ、先の津波現場の動画より、やや北側のところを主に写している。2011年4月6日撮影とのことである。多くの建物が流失し、瓦礫しか残っていないことがわかる。

4月25日、私自身がみた原釜地区の景況は、次の通りである。海岸付近の住宅は流され、ほとんど基礎しか残っていない。農地が主に被災した南相馬市と比べると、漁港が多かった女川や牡鹿半島の被災に類似しているように思われる。ただ、山のようにあった瓦礫の多くは整理されていたようである。瓦礫の撤去は90%以上進んでいるとのことであったが、たぶんその通りなのであろう。

相馬市原釜地区(2012年4月25日撮影)

相馬市原釜地区(2012年4月25日撮影)

そして、被災した相馬原釜地方卸売市場(魚市場)は、1年たってもがらんどうのままであった。同じく津波に被災した気仙沼魚市場が2011年6月、石巻魚市場・女川魚市場が2011年7月に再開されたことからみても、非常に遅れている。

相馬原釜地方卸売市場(2012年4月25日撮影)

相馬原釜地方卸売市場(2012年4月25日撮影)

この付近の漁船の大半は、松川浦側の松川浦漁港に繋留されていた。これらのうちには、津波に被災し、各地に流されてしまった船もあるだろう。しかし、ほとんど、漁に出た形跡はなかった。

松川浦漁港に繋留される漁船(2012年4月25日撮影)

松川浦漁港に繋留される漁船(2012年4月25日撮影)

このように、原釜・松川浦漁港の漁業再開が遅れているのは、いうまでもなく原発災害による海洋汚染のためである。2011年、福島県の各漁協では、水産物の放射性物質による汚染を懸念して、福島県の沿岸漁業を自粛した。いわき市小名浜については、2011年8月より沖合捕獲のカツオ漁の水揚げが再開された。しかし、これも、放射性物質汚染を懸念した買い控えをおそれ、6月から可能であった水揚げが延期され、ようやく8月なってから水揚げがなされたのである。もちろん、小名浜においても、沿岸漁業の自粛は続いている。次の読売新聞のネットに、2012年2月時点における原釜漁港の景況が報道されている。

来月11日めど 直売所も開店 県外から魚調達

 東日本大震災の津波で被災した福島県相馬市原釜の水産加工業者などでつくるNPO法人「相馬はらがま朝市クラブ」が震災から1年になる3月11日をめどに、水産加工場を再開し、直売所の「相馬報徳庵」をオープンさせる。(高貝丈滋)
 東京電力福島第一原発事故の影響で県内は出漁自粛が続き、相馬市内の加工場もほぼ休止状態にあるため、材料の魚は県外から調達し、復興へ向けた一歩を踏み出す。
 朝市クラブは、相馬市の水産加工場の経営者や全国各地のボランティア約30人でつくられ、津波で工場が被災したセンシン食品経営、高橋永真(ながまさ)さん(52)が理事長を務める。昨年5月から、週末に市の中心部で支援物資を提供したほか、リヤカーで仮設住宅を巡回して野菜などの販売や声かけ訪問を行ってきた。
 東北地方で有数の水揚げを誇る相馬原釜漁港周辺ではヒラメ、マガレイ、ミズタコなどを加工する水産加工会社が25社あったが、津波で被災し、ほとんどが止まったままだ。出漁自粛により、同港の漁船約120隻も現在は稼働していない。
 震災後1年をきっかけに、水産加工場を再稼働させて地元に雇用を生み出そうと、高橋さんらは今年に入り、北海道函館市や松前町、青森県深浦町などの業者に魚を卸してくれるよう要請し、協力を得られることになった。
 加工場は、津波の被害を受けた原釜地区の施設を修理して活用する。直売所は、中小企業基盤整備機構の支援制度を利用して造られた相馬市中村の仮設店舗を使う。
 店舗内は、阪神大震災で被災した経験を持つ朝市クラブの副理事長、石井弘二さん(59)の紹介で、神戸市の大工が工事した。材木は、相馬市と交流のある神奈川県小田原市から寄付された杉を使用した。
 高橋さんは、「水産業の街・相馬を復活させるためにも加工場を再開させるのが第一歩。前へ進んでいきたい」と話している。
(2012年2月29日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/job/news/20120228-OYT8T00456.htm

そして、現在でも、検査のためにとった福島県の水産物の一部から、放射性物質は検出されている。基準値が100ベクレル/kgとなったこともあり、出荷できる範囲をこえた水産物は後を絶たないのである。

福島県産水産物における緊急モニタリング調査結果(2012年4月24日公表分まで)

福島県産水産物における緊急モニタリング調査結果(2012年4月24日公表分まで)

http://wwwcms.pref.fukushima.jp/download/1/housya-soukatu01.pdf

相馬市原釜漁港における津波被災は圧倒的なものであった。しかし、同じく、津波に被災した石巻・女川・気仙沼(これらの地域でも、スムーズに生活復旧が進んでいるとは思わないが)と比較して、生業としての漁業再開が進んでいないのは、原発災害による海洋への放射性物質汚染のためなのである。

石橋克彦氏は、震災と原発災害の同時的被災を「原発震災」とよんだ。この原発震災のありようが、ここ相馬市原釜漁港にあらわれている。震災による被災とともに、原発災害による被災が、この地に重くのしかかっているのである。

Read Full Post »

東日本大震災で、津波被災の現状を撮影した写真・動画をたくさんみかける。でも、なんというか、自分が見た被災地とはどうもしっくりあわない。もちろん、報道においても、私においても、被害地の本当の悲しみ、苦しみなどはわかりようはない。しかし、それでも、なんだろうか……外部からみた場合でも、何か大事なものが落ちているような気がするのである。

例えば、4月9日、私自身が撮影しブログにのせた福島県相馬市松川浦の被災状況について撮影した写真を例にとって考えてみよう。その際、複数の写真を撮影したが、ブログには次の写真しか載せなかった。

相馬市松川浦①

相馬市松川浦①

この写真を載せるのには結構葛藤があったのだが…それにしても、この写真を選択したこと自体、鑑賞者の目を気にした私なりの美意識があっただろう。つまりは、「迫力ある写真」ということで、わざわざ望遠レンズで乗り上げたヨットという点景を撮影したものを被災状況全体を代表する写真としているのだ。

もちろん、一般的に報道の場で流通する写真は、私の写真などより百倍素晴らしい写真である。しかし、その多くは、点景を写した写真に過ぎない。乗り上げた舟、基礎以外流失した家屋は、どこにいっても、それこそ山と存在していた。それぞれが被写体になりうるのである。しかし、むしろ、そのような被写体になりうるものが、万として存在したということ、それが、外部者の視点でも理解できる、津波被災の大きさなのではないか。

そこで、今ならば、私は、相馬市松川浦の被災写真としては、次の写真を選ぶだろう。

相馬市松川浦の被災②

相馬市松川浦の被災②

この写真では、前の写真で中心であったヨットは、あまり目立たない。一方で、ヘドロにまみれた水田、そこに点在する木の根、そして、もはや水田と区別がつかなくなった松川浦が写っている。つまり、点や線ではなく、面なのだ。目路にみえる風景全体が、津波被災地なのだ。津波被害の深刻さとはそういうものだといえる。これをみて、復旧・復興のままならないことを肌で感じた。

少なくとも報道においては、写真で語るとはいかなくても文章において、津波被災の巨大さ、復旧・復興の困難さが語られなくてはならないと思う。しかし、現実には、津波の「点景」にこだわっているのではなかろうか。

むしろ、グーグルの航空写真のほうが、津波被災の巨大さがわかるといえる。

この航空写真でみても、松川浦と水田は区別がつかない。復興・復旧とは、海と陸を分けることから始まるだろう。まるで「天地創造」である。

さらに、被災を受けた地域だけではなく、それほど被災していない地域もあるのだということも理解されなくてはならない。今までの二枚の写真は、国道六号線の相馬バイパスから海側をとった写真であるが、その山側には、このような情景が展開されていた。

相馬市松川浦の景況③

相馬市松川浦の景況③

津波は、大体相馬バイパスでとまった。その山側には、緑の農耕地と津波に被災していない集落が存在していた。あまりのギャップに驚いたのである。

あまりにも容易に注目できることだけではなく、その背後にあるものを想像力でせまること、それが本来報道に求められていることではないかと思う。

次回以降、「その背後にあるものを想像力でせまること」の例として、実際にはほとんど見ていない宮城県とりわけ女川町の被災状況を、統計や被災地図などで考えてみたいと思っている。

Read Full Post »