Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘小選挙区制’

2012年12月16日、衆議院選挙と東京都知事選挙が行われ、開票結果が出た。衆議院選挙の結果は、次のように報道されている。

自民大勝294・民主57・維新54…議席確定

 16日投開票の第46回衆院選は、17日午前までに全ての議席が確定した。
 自民党は294議席で、郵政民営化を争点に圧勝した2005年衆院選(296)には及ばなかったものの、現憲法下の衆院選で過去4番目となる大量の議席を獲得した。
 公明党は31議席で、候補を立てた9小選挙区で全勝。自公両党は計325議席となり、衆院で法案の再可決が可能となる3分の2の議席(320)を上回った。
 民主党は、公示前の約4分の1に落ち込む57議席の惨敗。1998年4月の結党時の議席(93)も下回った。
 「第3極」の政党では、国政選挙初挑戦となった日本維新の会が54議席を得て、衆院で単独で内閣不信任決議案、予算関連法案をそれぞれ提出できる議席(51)を超えた。
 みんなの党は、公示前から倍増となる18議席だった。日本未来の党は公示前の7分の1の9議席となる大敗を喫した。
 共産党、社民党、国民新党、新党大地は公示前の議席を下回った。新党日本、新党改革は議席を獲得できなかった。
 投票率は、59・32%(小選挙区)となり、戦後最低となった。
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news/20121217-OYT1T00510.htm
(2012年12月17日11時14分 読売新聞)

小選挙区制を前提に自民党・公明党が支持以上に勝利をおさめることは予想できた。それは、民主党が、原発再稼働、消費税増税など、支持者はおろか議員すら納得できない政策転換をして自民党的政策を押し進め、自壊したことに起因するといえる。しかし、小選挙区制の壁にはばまれ、日本維新の会や日本未来の党、日本共産党や社会民主党は、民主党への批判票をまとめきれず、その票は小選挙区においては自公にむかってしまった。さらに、民主党が「自民党」的になる一方で、日本維新の会など党外の極右ナショナリストの挑発もあり、差異化をはかって自民党がより「極右ナショナリスト」的な主張をはじめることも了解できる。

しかし、もっとも奇異に思ったのは、猪瀬直樹都知事候補が、約433万票(約67.34%)という都知事選史上最高の票を獲得したことであった。次の時事通信のネット配信記事を読むように、これは、1971年の美濃部亮吉が獲得した得票数を大きく上回る。そして、次点の宇都宮けんじ候補は約96万票、15.04%しか獲得できなかった。

都知事選、猪瀬氏が圧勝=434万票で過去最多得票-13年半ぶりに新たな首都の顔

猪瀬直樹氏
 石原慎太郎氏の辞職に伴う東京都知事選が16日投開票され、無所属で前都副知事の猪瀬直樹氏(66)=公明、維新支持=が、前日弁連会長の宇都宮健児氏(66)=未来、共産、社民支持=、前神奈川県知事の松沢成文氏(54)、元科学技術担当相の笹川堯氏(77)ら無所属、諸派の8新人を退け、初当選を果たした。約13年半に及んだ「石原都政」の継承か転換かが最大の焦点だったが、石原氏の後継指名を受けた猪瀬氏が強さを発揮し、他の候補に大差をつけた。
 猪瀬氏の得票数は433万8936票に達し、1971年の美濃部亮吉氏の361万5299票を上回り、過去最多となった。他の地方選や国政選挙を含めても個人としての得票では過去最多とみられる。
 投票率は62.60%で、前回(57.80%)を上回った。
 猪瀬氏は、副知事として石原氏を5年5カ月支えた実績を強調。政策面でも、2020年夏季五輪招致や羽田空港国際化の推進など都政の継続を訴えた。自民党の支援も受けたほか、作家としての知名度の高さを生かし、幅広い層の支持を得た。
 一方、石原都政からの転換を目指した宇都宮氏は、東京電力福島第1原発事故を受けて「脱原発」を旗印に掲げたものの及ばなかった。松沢氏は経営再建中の新銀行東京の清算、笹川氏は高齢者福祉の充実などを主張したが、いずれも浸透しなかった。
 発明家の中松義郎氏(84)、元ネパール大使の吉田重信氏(76)、ミュージシャンのトクマ氏(46)、政治団体代表のマック赤坂氏(64)、会社社長の五十嵐政一氏(81)も支持が広がらなかった。 
◇東京都知事選当選者略歴
 猪瀬 直樹(いのせ・なおき)信州大人文学部卒。作家として、1987年に「ミカドの肖像」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。政府の道路関係4公団民営化推進委員会委員、地方分権改革推進委員会委員などを歴任。2007年6月から東京都副知事。66歳。長野県出身。当選1回。

◇東京都知事選開票結果
当 4,338,936 猪瀬 直樹 無新
    968,960 宇都宮健児 無新
    621,278 松沢 成文 無新
    179,180 笹川  堯 諸新
    129,406 中松 義郎 無新
     81,885 吉田 重信 無新
     47,829 トクマ   諸新
     38,855 マック赤坂 諸新
     36,114 五十嵐政一 無新
               =確定得票=

(2012/12/17-08:10)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012121600512

なぜ、こうなったのだろうか。朝日新聞のネット配信に掲載された、衆議院議員選挙東京比例区において各党が獲得した得票率を次にしめしておこう。

民主党           15.42%
自由民主党         24.87%
日本未来の党         6.86%
公明党           10.14%
日本維新の会        19.86%
日本共産党          7.41%
みんなの党         11.67%
社会民主党          2.09%
新党改革           1.43%
幸福実現党          0.25%
http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo46/kouho/B05.htmlより

猪瀬都知事候補を支持していたのは、自民党、公明党、日本維新の会、民主党の基盤である連合東京である。まず、自公維だけの得票率を合算すると、54.87%になる。また、連合東京の働きかけで、民主党に投票した人(15.42%)の約半分が猪瀬に投票していたとすれば、約62%になる。まして、日本維新の会にスタンスの近いみんなの党(11.67%)が全員支持したとすれば、むしろ67%よりも超えてしまうのである。

一方、宇都宮けんじ候補を支持していたのは、日本共産党、社会民主党、日本未来の党である。これらの党の得票率を合算すると16.36%である。もともと、基礎票でこれほど差があるのである。

そのうち、最も帰趨をわけたのは、日本維新の会の獲得した19.86%の票であったといえる。固定した選挙基盤のない日本維新の会にとって、これらの票の多くは浮動票であったと考えられる。これらが、すべて宇都宮陣営に流れ込んだとしたら、36.22%の票となった。自民党と公明党だけならば35.01%となるので、むしろ宇都宮陣営が有利となった。みんなの党もたぶん多くは浮動票頼みと思われるので、このような浮動票が「日本維新の会」や「みんなの党」に流れ込んだことが、猪瀬都知事候補の大勝に結びついたといえる。

その意味で、日本維新の会がとりあえず結党されたこと、そして、衆議院議員選挙と平行して都知事選が行われたこと、さらに日本維新の会代表石原慎太郎の都政を猪瀬直樹候補が継承することを標榜したことは、猪瀬直樹都知事候補の大勝に結果したといえるのである。

広告

Read Full Post »