Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘入局式’

本日、2014年4月1日は、エイプリルフールである。その日にふさわしい話題が報道された。

NHK会長「1人の行為で信頼全て崩壊」 入局式で訓示
2014年4月1日20時23分

 就任会見での政治的中立性を疑われる発言が問題になっているNHKの籾井勝人会長は1日、新入局員の入局式での講話で、「(就任)初日に記者会見を行った際、質問に答えて個人的な意見を言い、大きく報道されました。入局前の皆さんには、ご心配をかけたことと思います。たいへん申し訳ありません」と話し、謝罪した。

 その後、NHKが受信料によって成り立っていることに触れ、「職員全員が信頼や期待を積み重ねていったとしても、たった1人の行為がNHKに対する信頼のすべてを崩壊させることもあります。自らの行為の、NHKや日本の社会に与える影響や責任の重さは、昨日までとは全く違うことを、しっかりと自覚していただきたいと思います」と話した。
(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASG416FF4G41UCVL034.html

これは、残念ながら実話である。朝日新聞以外の多くの新聞や通信社も同様の報道を行っている(NHK自体は報道していないようだが)。

入社式や入庁式などで、そのトップが「1人の行為で信頼全て崩壊」することを警告する訓示を行うことは、よく見られることである。しかし、籾井の発言自体が「1人の行為で信頼全て崩壊」させるものではなかっただろうか。入局式でこのような訓示を行っても、「よくできたエイプリルフール」としか受け取ることができないのである。

籾井については、もはや「笑う」しかない。しかし、この「笑い」は、籾井が組織の代表として発言する資格を失ったことを示している。これ以上、籾井は嘲笑される立場にしがみつづけるつもりなのだろうか。安倍晋三は、新入局員にも劣る会長を今後とも擁護しつづけるのであろうか。そして、そんなことを許せば、NHK受信料を払っている私たちが「四月馬鹿」にされたということになろう。

広告

Read Full Post »