Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘タンク’

福島第一原発の危機は、日々拡大・深化している。あまりにも、多方面で、さまざまなレベルの異常事態が頻発しており、ブログでの整理が追いつかないほどである。

今回は、汚染水貯蔵タンクから300トンもの汚染水がもれたというのである。まず、その第一報をみてみよう。東京新聞は、2013年8月20日、次のような記事をネット配信した。

福島第一タンク周辺 100ミリシーベルト超汚染水漏れ

2013年8月20日

 東京電力は十九日、福島第一原発で、高濃度汚染水から放射性セシウムを除去した処理水をためるタンク周辺で、水が漏れていたと発表した。処理水には放射性ストロンチウムなどが含まれており、周辺に漏れた水の表面近くで毎時一〇〇ミリシーベルトを超える非常に高い放射線量が計測された。 
 敷地内には千基近いタンクがある。漏れが見つかったのは二十六基がある海側のエリアで、鋼板をボルトで張り合わせるタイプのタンクが使われていた。同日午前九時五十分ごろ、見回り中の東電社員が、タンク周りにある高さ〇・三メートルのコンクリート製の堰(せき)の排水弁から水が流れ出ているのを見つけた。堰の内側に二カ所、外側に二カ所の水たまりができており、一〇〇ミリシーベルト超の放射線量は外側の水たまりの真上約五十センチで計測された。
 この場所に一時間いれば、一般人の年間被ばく線量限度(一ミリシーベルト)の百年分に達することになる。前夜の見回りでは、水漏れはなかったという。
 通常は堰の内側に雨水がたまらないよう、弁は開けっ放しになっているが、漏れが見つかり、弁を閉めた。堰の外側には土のうが置かれているが、少なくとも百二十リットルが外部に漏れ、地中にも染み込んだとみられる。
 ボルト締めタイプのタンクは、鋼板の間をパッキンでふさぐ簡易構造。東電は漏れた原因を調べようとしているが、土のう近くの空間でも毎時二〇ミリシーベルトの線量があるため調査は難航。漏れた水や周辺の汚染土の回収が先決となる。漏れは続いている可能性もある。
 原子力規制委員会は国際的な事故評価尺度のレベル1と暫定的に評価。八段階のうち下から二番目の「逸脱」に当たる。規制委は東電に、漏えい場所の特定とモニタリング監視の強化、汚染土の回収を指示した。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013082002100003.html

東京新聞によれば、この汚染水が、調査が難航するほどの高い放射線量であることがわかる。しかし、この時の報道では120リットル以上ということであり、小規模なものという印象を受けた。ゆえに、原子力規制委員会も事故評価尺度をレベル1(逸脱)としたのであろう。

しかし、第二報で、その印象は一変する。漏洩した汚染水は300トンにのぼるというのである。東京新聞で次のネット記事をみてみよう。

福島第一 タンク漏水300トン 高濃度、限度の数百万倍

2013年8月20日

 東京電力福島第一原発の地上タンクから高濃度汚染水が漏れた問題で、東電は二十日、一つのタンクの水位が大幅に下がっていたことから、漏れた汚染水は三百トンにのぼるとの推計値を発表した。十九日の段階では、タンク群を取り囲む堰(せき)外に百二十リットルの水たまりがあり、土にも染み込んでいるとしていたが、ずっと多かった。まだ漏れた場所は特定できておらず、現在も漏れが続いている可能性がある。
 東電によると、漏れたのは、原子炉建屋地下などにたまる高濃度汚染水から放射性セシウムを除去した処理水をためるタンクの周辺で、海側に二十六基あるエリア。十九日夜から堰の内側にたまった汚染水の回収を開始。その際、うち一基の周辺の水量が多かったため、タンクの水位を確認したところ、本来の水位より三メートル近く低くなっていた。タンク容量は約一千トンあり、うち約三百トンが漏れたとみられる。三百トンは、一般的な二十五メートルプール(四百~五百トン)の水量に近い。
 漏れた汚染水を分析したところ、セシウム134は一リットル当たり四万六〇〇〇ベクレル、セシウム137は同一〇万ベクレルが検出された。法令で放出が認められる濃度限度の千倍を超える。放射性ストロンチウムなども同八〇〇〇万ベクレルと極めて高い濃度が検出された。同じく濃度限度の数百万倍に達する。
 水面から五十センチ離れた地点での放射線量は毎時一〇〇ミリシーベルトで、この場所に一時間いれば、がんが発生するリスクが明らかに上昇する値。一般人の年間被ばく線量限度(一ミリシーベルト)の百年分になる。
 海への漏出が懸念されるが、海につながる近くの排水溝周辺の放射線量は低く、海まで五百メートルほどあることから、東電は今のところ海への漏出はないとみている。
 問題のタンクは鋼板をボルトでつなぎ合わせ、樹脂製のパッキンで止水した簡易構造で耐久性の問題が指摘されてきた。他のタンクが漏れているかどうかは確認されていない。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013082002100007.html

タンクの1基の水位が3mも下がっており、そこから逆算して300トン流出したというのである。そしてまた、漏れ出した汚染水の汚染濃度もあきらかになった。放射性セシウムを除去したはずだが、それでも放出限度濃度の1000倍もあった。放射性ストロンチウムにいたっては、放出限界濃度の数百万倍もあるということである。

しかし、この時点で、東電は、海への漏出はないとしていた。後に、この情報もひっくり返ることになるのだが…。

さて、もう少し、この汚染水漏れ報道を東京新聞で時系列にそって追ってみよう。21日に、東京新聞は次のネット記事を配信した。

福島第一汚染水300トン タンク底から漏れる?

2013年8月21日

 東京電力福島第一原発のタンクから三百トン(東電の推計)の高濃度汚染水が漏れた問題で、東電は原因調査を進めたが、ボルト締め型タンクの弱点である側面の鋼板の継ぎ目に、水が漏れた痕跡は確認できず、底部から漏れた可能性が高まった。大量の漏れが確認され、原子力規制委員会は、国際的な事故評価尺度で下から二番目のレベル1としていた暫定評価を、引き上げる方向で検討に入った。 
 問題のタンクは三百五十基あり、原子炉の冷却後に出る汚染水をためる主力となっている。鋼板の間に樹脂製パッキンを挟み防水性を保っているが、パッキンの耐用年数は五年。同型のタンクで、四回の水漏れが起き、いずれも鋼板の継ぎ目からの漏出だった。
 十九日に漏れが見つかるまで、タンク周辺の見回りでは異常に気付かなかった。二十日にタンクの水位が本来の水位より三メートル下がっていたことを確認。短期に一般的な二十五メートルプール(四百~五百トン)の水量に近い汚染水が漏れたことになる。
 東電はタンク側面を中心に漏れた痕跡を探したが、見つからなかった。タンクは下部ほど水圧がかかり、汚染水はタンクの各方向に漏れていた。タンク底部の可能性が残る。
 汚染水は、放射性セシウムの大半は除去されているが、放射性ストロンチウムなどは一リットル当たり八〇〇〇万ベクレルと極めて高い濃度で残る。法令で放出が認められる濃度限度の数百万倍に達する。ストロンチウムなども除去する新装置の導入が検討されているが、トラブルで止まっている。
 汚染水の放射線量は水面から五十センチ離れた地点で毎時一〇〇ミリシーベルトあった。この場所に一時間いれば、がんが発生するリスクが明らかに上昇する値。
 今のところ海まで流れ込んだ可能性は低いとされる。ただ、高濃度のため、東電はタンク群の周囲に設けられたコンクリート製の堰(せき)内にたまった汚染水が拡散しないよう、汚染水の回収や土のうを積み増す対策に追われた。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013082102100003.html

ここでは、原子力規制委員会が事故評価尺度を引上げることを検討していることと、タンク側面ではなく底部から漏れ出したのではないかと推測されていることが、新たに報じられている。

そして、これは当たり前だが、漏洩したタンクから汚染水を移送することに着手されたことも、次のように、東京新聞は報じている。

東電「依然、漏えい」 別タンクに移送

2013年8月21日

 福島第一原発の地上タンクから高濃度の汚染水が漏れた問題で、東京電力は二十一日、依然として漏えいが続いているとの見解を示した。既に隣接する別のタンクへの汚染水移送を始めており、二十一日中にも完了するとの見通しを明らかにした。
 東電によると、移送は二十日午後十時ごろ開始。移送量はポンプ二台で一時間当たり計約四十トン。漏えいがあったタンク(容量千トン)は鋼鉄製の部材をボルトでつないで組み立てる構造で、移送先のタンクも同じ構造。東電は「(移送先の)安全は確認した」としている。
 漏えいがあったタンクは二〇一一年十月に設置された。漏えい箇所は特定できていない。東電は原因を調べるとともに、これまで一日二回だった周辺のパトロールを三時間ごとに増やし、汚染が拡大していないか警戒を強める。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013082102100014.html

そして、他の記事でも前述されているが、原子力規制委員会が事故評価尺度を二段階引き上げてレベル3(重大な異常事象)にすることを検討していることを、8月21日に東京新聞はネット配信している。

タンク汚染水漏れ レベル3に引き上げへ 規制委、評価見直し

2013年8月21日

 東京電力福島第一原発のタンクから三百トン(東電の推計)の高濃度汚染水が漏れた問題で、原子力規制委員会は二十一日の定例会で、国際的な事故評価尺度で下から二番目のレベル1としていた暫定評価を、レベル3に二段階引き上げる可能性があるとの見解を示した。
 規制委は、汚染水にベータ線を出す放射性ストロンチウム90(法定基準は一リットル当たり三〇ベクレル)などが一リットル当たり八〇〇〇万ベクレルと、放出が認められる濃度限度の数百万倍に達する極めて高い濃度であり、三百トンの漏出量から数千テラベクレル規模(テラは一兆)の漏出があると推定。規制委事務局は放射線の管理上、レベル3の重大な汚染に相当するとしている。
 汚染水漏れが発覚した十九日の段階では、漏れた汚染水の量がはっきりしなかったため、規制委は暫定的にレベル1と評価していた。その後、東電が漏れた量を三百トンと推定したことから、評価を見直すことにした。
 ただし、国際基準は通常の原発での事故を評価対象にしている。すでに福島第一原発事故自体は最悪のレベル7と認定されており、それに関連して起きた今回のタンク事故を個別に評価することが適切なのか、基準を所管する国際原子力機関(IAEA)に確認するとしている。
 国内でのレベル3事故は、一九九七年に起きた動力炉・核燃料開発事業団(当時)東海アスファルト固化処理施設爆発事故がある。
 国際評価尺度(INES) 原発など原子力施設で発生したトラブルの規模や深刻度を示す世界共通の物差し。国際原子力機関(IAEA)などが設定した。レベル1~3は「異常な事象」、レベル4~7は「事故」に区分。評価基準は施設内の汚染度合いや安全設備の状態などで、レベル2は相当量の汚染、安全設備の重大な欠陥などが該当し、レベル3は数千テラベクレルの放射能の放出、安全設備が残されていない事故寸前の状態などが該当する。最終的な判断は、IAEAに意見を聞く場合もあるが、各国の規制機関が評価する。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013082102100015.html

そして、8月22日になると、次のことが報道された。このタンク群の周りに汚染水が広がらないように堰が設けられているが、汚染水漏れを発見する便宜をはかって、雨水がたまらないように排水弁が開放されていたため、排水溝をつたって汚染水が海に流出した可能性が高いことが判明したのである。さすがに、原子力規制委員会でも問題となり、「更田豊志(ふけたとよし)委員は、弁が開いていたことに関し、『何のための堰なのか。たまった水が雨水だと確認できてから弁を開けるのが、まっとうなやり方だ』と厳しく批判した」と東京新聞はネット記事で伝えている。

タンク汚染水漏れ 堰の排水弁すべて開放 海に流出可能性大

2013年8月22日

 東京電力福島第一原発のタンクから三百トンの汚染水が漏れた問題で、東電は、ほとんどのタンク群の周りに水を食い止めるコンクリート製の堰(せき)を設けたのに排水弁をすべて開けていたことが分かった。今回の漏出事故では、大量の汚染水が排水弁から堰の外に漏れ、土のうを越え、近くの排水溝から海に汚染が広がった可能性が高い。 
 汚染水漏れが起きたタンク群には、二十六基のタンクがあり、これを囲む堰の二十四カ所に弁が設置されている。東電は、汚染水が漏れても広がらないよう堰を設けたが、堰内に雨水がたまると汚染水漏れが発見しにくくなるとして、弁を開いたままにして雨水が抜けるようにしていた。
 しかし、弁が開いていたことで、漏れた汚染水は簡単に堰の外に出た。外部には土のうが積んであったが、土に染み込むなどしてその外側に漏れ出した。
 二十一日には、問題のタンク群から排水溝に向かって水が流れた跡が見つかったほか、排水溝内でも汚染水が土砂とともに流れた跡が見つかった。放射線量も毎時六ミリシーベルトと高かった。排水溝は海に直結していることから、汚染水が海に流れた可能性は低いとしていた東電も、海洋汚染があることを前提に対応していく考えを示した。
 排水弁が閉まり、コンクリート堰内に汚染水がたまる運用をしていれば、三百トンのうち半分以上は堰内にとどまった上、水が漏れているのを早期に発見できた可能性が高い。
 原子力規制委員会は今回の事故を国際的な評価尺度で上から五番目のレベル3と評価することを検討しているが、その大きな理由として「安全防護層が残されていない」ことを挙げている。二十一日夜に開かれた汚染水対策を検討する同委の作業部会で、更田豊志(ふけたとよし)委員は、弁が開いていたことに関し、「何のための堰なのか。たまった水が雨水だと確認できてから弁を開けるのが、まっとうなやり方だ」と厳しく批判した。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013082202100006.html

その上、本日(22日)、このブログを書いている時、別のタンク2基にも新たな汚染水漏れがあった可能性が報道されている。産經新聞のネット配信記事をみておこう。

タンク2基で新たな漏えいか 福島第1原発
2013.8.22 19:11
 福島第1原発で地上タンクから約300トンの高濃度汚染水が漏れた問題で、東京電力は22日、敷地内にある同じタイプのタンクを点検した結果、2基の底部表面に最大毎時100ミリシーベルトの高線量の箇所があるのを確認した。微量の汚染水が漏えいした可能性もあるとみて調べている。

 東電によると、新たな漏えいの可能性があるのは「H3」というタンク群にある2基で、いずれも原子炉を冷却した後の高濃度汚染水が貯蔵されている。

 高線量が計測された底部の接合部付近は乾燥した状態で、周辺に水たまりなどはなかった。タンク内の水位に目立った変化はないという。

 第1原発では19日に4号機山側の「H4」タンク群にある1基から汚染水が漏れているのが確認された。漏えい量は約300トンで、原子力規制委員会は国際的な事故評価尺度(INES)の暫定評価を8段階の下から4番目のレベル3(重大な異常事象)とする方向で検討している。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130822/dst13082219120015-n1.htm

この報道経過をみていても、いら立つ。最初、汚染水は120リットル程度として、結局、翌日には300トンになってしまう。海に漏れていないとしていたが、結局は、むしろ汚染水を閉じ込めておくべき排水弁が開けられていて、対策自体が不備であったということである。東電のやっていることは、情報隠蔽と事態の過小評価だけである。300トンの水が流出しているのに、それだけの水はない。ならば、どこかに流出していったはずである。例え、直接、海に流れ込まないとしても、地下にしみ込んだ汚染水はいつか海に流れ出る。そういう常識はどうやらなく、目に見えるものだけの情報を提供して、想像可能なことはなかったことにしてしまう。甲状腺がん患者が普通よりも多く発生しているのに福島第一原発事故の影響はなかったことにしたがっていた福島県と同じだ。もちろん、情報隠蔽が前提であるが、この情報隠蔽が契機となって、目に見えること以外、都合の悪いことは想定できないという意識構造になっているのではないかとさえ疑われる。

諸外国の報道をみていると、日に400トンは流出しているという汚染地下水の方に強く関心をもっているようである。確かに、この方が規模は大きい。しかし、現状では、汚染地下水も含めて、汚染水貯蔵タンクにためておかなくてはならない状態である。そのタンクが水漏れではどうにもこうにもしようがない。そして、産經新聞がネット配信した記事では、他のタンクも少量とはいえ汚染水漏れを起こしているものがあるようである。タンクすべてが信用できなくなれば、汚染地下水処理以前にお手上げだ。最早、文字通り、汚染水問題は「底なし」になっているのである。

福島第一原発の現状について触れるたびに思うのであるが、最早、民間会社の東電にまかせておけない状況になっている。結局、政府が乗り出さざるをえないのであるが、原発再稼働や原発輸出には乗り気の安倍政権であるが、福島第一原発の管理や廃炉作業は今の所東電まかせである。しかし、このまま、汚染水問題に対処できないでいると、海洋に未処理の汚染水を放出せざるをえなくなるだろう。このようになってしまえば、放射能汚染は拡大し、福島だけでなく多くの人々の不満をかい、さらに、諸外国の反発を買うことになるだろう。加えて、放射性物質による汚染の拡大は、日本産品の買い控えをよぶことになろう。東京オリンピック誘致どころの騒ぎではなくなるだろうと思う。

いくらコストがかかっても、阻止しなくてはならない、眼前の危機。それこそ、「空想上の対外的危機」よりもはるかに深刻な危機が、今、ここにあるのに、そのことは目に入らない。このような、危機感のなさが、本当の危機なのである。

広告

Read Full Post »